愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

 宇宙船のテレビ画面のように惑星が再び赤くなったのである。数秒後、赤い光が消えて、地球は青い惑星になった。

「これが、これから向かう地球だ 」と一郎は言った。

「なるほどね。火星に行けば、今、地球は赤い色になっているはずだ」

「なるほどね。そうだったんですね」

「そうです。地球は左に移動しますから、そちら側の惑星と同じ色になります」

「それは知っておいて損はないだろう。コースを変えよう」

「わかった」

 一郎はまだ微弱な船のエンジンを始動させた。次の瞬間、彼らは地球から立ち上がり、火星へと飛んでいった。

「私たちは急いでいます。あと2分で出発します」

 地球から火星への転送の最後のステップを終えた一郎は、乗客に向かってこう言った。

「この船を操縦するのは、君たちではないか」と一郎は言った。

「その通りです」

「周りを見てくれれば、道を教えよう」

 悪い人ではなかった。一郎はとても慎重でよく訓練された人という雰囲気があった。

「5分後に行くよ。では、また。」

「はい、一郎さん」

 そして、電話を切った。

「僕は火星に行く。空を探検しに行くんだ。世界の青い空を見て、空に住んでいる人を探しに行くんだ。 そして、その人たちにメッセージを届けに行くんだ」

 一郎はテーブルから立ち上がり、コックピットから歩き出した。部屋は静寂に包まれ、空気は石油の香りで重くなっていた。彼は宇宙船の上部に上がった。

 宇宙船の長さは約一〇〇メートルだった。窓は極端な暑さや寒さにも耐えられる特殊なガラスでできていて、透明ではない。窓の高さは高く、100km以上の範囲を見渡すことができた。

「一郎さん、どうするんですか?」

「大気の中を飛び回るんだ。世界の青空を見に行くんだ。空に住んでいる人を探しに行く。その人たちにメッセージを届けに行くんだ。空でしか生きられない命を探しに行くんだ」

「空を探しに行く」

 宇宙船はまるで建築物に使われるような巨大な機械のような音を立てて動き出した。

「一郎、ずっと続けなければならないのか?」

「いや、これは小さな実験だよ」

 イチローは、時速三〇キロほどのスピードで飛び回っていた。体で感じることができるほどの薄い大気だった。

「何が起こっているんだ?」

「一郎、世界の青い空が見えてきたよ。見たいんだ。とても不思議な感じがする。私たちがいるのは、とても特別な空間なんじゃないかと思っているの」

「世界の青い空?」

「そうなんだよ。あのね、真っ青な世界があるんだけど、それはとても珍しいことなんだ。空の世界と呼ばれているんだ。青い空の世界は珍しいから誰も青い空の世界があるとは思わないよ」

「そんなことを聞くのは初めてだ」

「聞いても本当のことはわからないよ。不思議なものを見ていると思うしかない。 でも、それがわかるのは、もう少し先のこと。夢なんですよ。空は空の世界と呼ばれているから、空の世界なんだよ。だから空の世界と呼ばれているんだよ」

「・・・初めて聞きました。何を言っているのかわからないけど」

「空の世界は空の世界。真っ青な世界なんだよ。それは夢だ」

「何て言ったの?」

「それは夢だ。私たちは夢の中にいる。夢の中にいるんだ」

 船が止まったので彼らは窓の外を見た。

「変だな」

「誰も乗っていないからだ。私たちがこの宇宙船を操縦しているのはいいことなんだよ」

「いや、それは良くないよ。よくないよ!」

「いい夢じゃないよ。夢の中にいるんだ!」

「夢って何?」

「夢の中にいる人がいたら、きっと怖くて悪い夢だと思う。もしあなたが夢の中にいると言ったら、きっと相手は怖がるでしょう。だから夢の中にいるとは言わないのではないでしょうか」

 乗客たちはうなずいた。彼らは、一郎の命令に従うことができるように長い間訓練されてきた。一郎が少々不器用であっても彼らは止めない。結局、この宇宙船に乗っている人たちは、特別な人たちなのだ。エリート中のエリートだった。一郎もお金をたくさん持っている人だった。しかし、今はそうではないかもしれない。一郎は目を輝かせ真剣な表情を浮かべていた。将来、自分がこのクルーを引っ張っていけると確信していたのだ。乗客たちは一郎を見つめていた。

「一郎。なぜ理由を教えてくれないんだ?」

「理由は言えますよ‥‥‥私が火星に行く理由です‥‥‥なぜ火星に行きたいのか、その理由は…………宇宙を征服したい 」

 それは重大な理由だった。しかし適切な言葉ではなかった。乗客たちは混乱した。しかし、誰も何も言わなかった。この船を操縦したくないのは明らかだった。数秒しか飛べないような怖い機械を異星の地に持ってくるのはおかしいだろう。

 一郎の顔が赤くなると警戒心を持っていた宇宙船の中の人たちは一郎を睨みつけた。しかし一郎は敵意を感じなかった。犬を見ているような感覚で彼は私たちと一緒にいてくれた。彼は何を考えているのか。彼は何者なのか。誰にもわからなかった。でも、今はそれがわかる。彼は騒ぎたくないと思っている。

(つづく?)

この文章は『火星へ行こう君の夢がそこにある』を元にhttps://playai.nu/によって生成された文章に牛野小雪が手を加えた物となります。








このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット