愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

タグ:短い話

ある小説家の部屋に茶トラの猫が忍び込みました。まだ寒い季節ですが、その日は少し暑かったので窓を少し開けていたのです。

 猫は部屋に入ってくるなり言いました。

「なんや、君。さっきワイが通った時もそこに座っとったで」

 小説家は答えました。

「あれ、そうだったかな。……そういえばそうだ。もう一時間も座っている」

「小説が書けんで困っとるんか?」

「いや、小説は書けた。印刷もした。あとは出すだけだ」

「ほれなら何でそんな暗い顔して座っとるんや」

「うん、本当に出してもいいのか。僕みたいなのが新人賞に出してもいいのかなって心配になったんだ」

「なんや、何か悪い事でもしたんか?」

「ううん、だってほら。作家の略歴には大体どこそこ大卒って書いてあるだろう? どれも聞いた事のある大学だ。僕も一応大学は出ているけれど、口に出したってほとんどの人が知らないようなところ。ひょっとしたら県内でも知らない人がいるかもしれない」

「それやったらアカンのか?」

「それは分からないけれど……」

「君、そんな弱気ではアカンのやで」

「えっ」

「ワイは窓からこっそり君の事を見とったが、毎日原稿に向かって頑張っとったやないか。ほれのにあきらめてしまうんか。君の努力は一体なんだったんや。君は君の言う通り確かに君は世間に名の通る大学を出てないんやろ。猫のワイには分からんことやけど。そやけど、逆に考えて名の通る大学を出とったらええ小説が書けるんやろか。違うやろ」

「うん」

「第一な。読者は君の事なんか興味ないで。仮に君が中卒でも面白いもんを書いとったら読者は面白いと思うし、君が東大卒でもつまらんもんを書いとったら読者はつまらんのや。君はつまらんもんを書いたんやろうか」

「そんなことはないと思う」

「それなら出すしかないやないか。君はそのために書いてきたんや」

「でも僕みたいなつまらない人間が……」

「アホか。評価されるんは君やのうて作品の方や。君は自分でええと思えるもんを書いたんやろ。毎日頑張って書いたんや。それを一体どないする気や。まさかこのままボツにする気なんか?」

「分からない」

「あのなぁ。ワイがこういうんもなんやけど、君は小説を書いてしまった責任があるんや。その責任はとらなアカン」

「責任?」

「ちゃんと日の目を見させてやることや。どんな小説もこの世に生まれてきたからには人目に触れられる事を期待しとるんやで。それを君の手元に握りしめておくんはアカン。もしかすると君の言うように小説家は立派な大学を出とらなアカンのかもしれん。でもな。やってみる前からあきらめるんは小説に対する冒涜や」

「でも……」

「君がつまらんもんを書いたのなら世間様に迷惑がかからんように手元に置いとかなアカンやろ。でも君は君が面白いと思ったもんを書いたんや。もし仮にやで、これが子どもだったらと考えてみ? 人様の役に立つ立派な大人に育った子どもを親が家に閉じ込めておくようなもんや。そう考えたら君がどれだけ罪な事しとるかよう分かるような気がせんか? 大犯罪人や、牢屋にぶち込まれるわ」

「やっぱり出してみるよ」

「そや、それでええんや。君の小説が本になったらワイは読みに来るで」

「ありがとう、猫」

「ええんやで、ほなな」

 プリプリプリ~

 猫は窓から外へ出て行く直前に、とても臭いウンチを落としていきました。

 

(おわり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

flying bikeのコピー
 
YOUTUBEBMXを初めて見た時は衝撃的だった。自転車は地面を走る物だと思っていた。でも画面の中では自転車が坂や階段で飛び回っていた。アオイにもそれを見せると、アオイは魂が抜けたように画面に釘付けになった。きっと僕も同じ顔をしていたんだろう。僕達は関連動画からBMXが消えるまで何日も画面を覗き込んでいた。

 僕達が住む町の隅っこには、じいちゃんいわく「金を払ってでも手放したい土地」がある。そんな場所だからゴミがよく捨てられていたが、誰からも見捨てられた土地なので、誰もそれを気にすることはなく、ますますその土地は汚くなり、ゴミも山のようになった。誰からも見捨てられた土地ということは、親達の目もないということで、僕とアオイは毎日ゴミ山に潜り込み、夕方まで遊んでいた。

「なあ、これってジャンプ台になるんじゃないか?」

 僕はゴミ山の頂上に登るとアオイに言った。

「ジャンプ台って?」

BMX

 アオイもゴミ山の頂上に登ると、麓にある雨でえぐれた穴を見て「なるほど」と言った。
 その日から僕とアオイはゴミ山のゴミを綺麗な坂になるように積み上げて、仕上げに板を立てかけて坂を作った。

 僕はゴミ山の頂上から自転車で坂を降りた。降りたというよりは落ちるという感じで、ペダルを漕がなくてもとんでもないスピードが出て、坂の終点にある雨でえぐれた穴に落ちると、その勢いのまま穴のふちで自転車がジャンプした。僕はススキの中へダイブした。

「お~い、生きてるか~?」

 アオイを心配させたくて、僕は目をつぶってススキの中で倒れていた。

「お~い、カズマ・・・・・・」

 本当に僕が死んだのではないかとアオイが心配そうな声で僕のそばにしゃがむ気配を感じた。僕はとっさに体を起こすと「わっ!」と声を出してアオイを驚かせた。アオイも「わっ!」と声を上げると、後ろに転がってススキの中ででんぐり返しをした。

「くそっ、死んでれば良かったのに!」とアオイが毒づく。

「死ぬわけねえだろ、ば~か!」

 それから僕はまたゴミ山の坂でジャンプした。ススキの中へダイブすると、もう一度死んだふりをしたが、今度は石が飛んできた。

「さっさと生き返れ、くそったれ!」とアオイの声がする。

「アオイも飛べよ」体を起こすと僕は言った。

「危ないからいいよ」

「危なくなんかないよ、すっごいから」

 そう言って僕が何回か飛ぶと、アオイも飛んでススキの中にダイブした。しばらく起き上がってこなくて死んだふりをしていたのは分かっていたので、僕は騙されたふりをして「救急車を呼んでこなきゃ!」と走り出して、アオイを驚かせた。

 それから僕とアオイは毎日ゴミ山の坂で加速して雨でえぐれた穴のふちでジャンプすることを繰り返した。カゴや泥除けとか、後輪に付いている自転車を立てるための何かとか、外せる物は全部外すと、自転車が軽くなって、もっと長く飛べるようになった。

 僕とアオイがどれだけ飛べるかを競っているところに新しい仲間が加わった。丘の上にある西洋風のデッカイ家に住んでいるタマキ君だ。

 タマキ君の自転車はBMXだった。僕達の自転車と同じでカゴも泥除けも付いていなかったが、自転車自体が軽くて片手でも持てそうなほどだった。僕とアオイはBMXを借りて飛んだことがあるのだが、いつもより2秒ぐらい長く飛べた気がした。やっぱり本物は違う。でも僕とアオイの方がBMXに乗ったタマキ君より上手く高く飛べた。

 僕とアオイとタマキ君は毎日ゴミ山で飛んでいたのだが、ある日タマキ君が「他の子達も呼んでいいかな」と言った。もちろん僕達はすぐにOKを出した。次の日曜日にBMXに乗った四人の子達がゴミ山に来た。四人とも知らない子で、タマキ君が通っている同じ塾の子だそうだ。それは別に何でもなかったのだが、四人の内の誰かの父親が一緒に来ていた。

 親達のいない僕達だけの場所に大人がいるのは奇妙な気分がした。ゴミ山でジャンプするのがどこか後ろめたい気持ちがした。でもタマキ君や四人の子は楽しそうにジャンプしていた。父親も何も言わなかった。やりたいようにやらせているという感じだ。

 それから毎週日曜日は四人の子が来るようになった。誰かの父親も一緒だ。どの父親も何も言わずに僕達を見ていたが、ある時から四人の子の頭にヘルメットが、ヒジとヒザにはプロテクターが着くようになった。

 誰かの父親はゴミ山にある空き地にスコップで土を盛るようになった。月が変わると四人の父親が総手で作るようになり、ゴミ山の一角にYOUTUBEで見たような、きちっとしたBMXのコースができた。

 地面がしっかりしているのでゴミ山で加速してジャンプして飛ぶより綺麗に飛べそうだった。事実タマキ君や四人の子はゴミ山ではちょっとしか飛べなかったのに、コースの上だと僕とアオイより上手く高く飛んでいた。

 僕とアオイは何故か飛べなかった。それどころかジャンプした後、転ぶことが多かった。ススキの中にダイブするだけだったから着地のことなんてこれっぽっちも考えてなかったからだろう。

「大丈夫?」

 僕とアオイが、いや、誰かが転ぶと、誰かのお父さんがすっ飛んできて声をかけてくる。本当に心配している感じの声で、かえって気詰まりするほどだった。タマキ君や、他の四人だとそのままだけど、僕とアオイの時は「君達はヘルメットやプロテクターを付けないのかい?」と言ってきた。これまた怒っている風でもなく、からかっている風でもない。本当に心配そうな声と顔だった。僕とアオイは「全然平気だよ」と答えていた。嘘や強がりじゃなくて本当に平気だった。擦りむいて血が出る時もあったけれど、全然へっちゃらで、むしろ心配そうに気を使ってくれる方がへっちゃらじゃなかった。放っといてくれよ、と言いたかったけれど、そんな気にならないほど優しいお父さん方だったから僕は何も言えなかった。アオイも同じだったんだろう。

 そんな優しいお父さん方だから、ついには僕とアオイの分のヘルメットとプロテクターを持ってくるようになった。僕とアオイは全力で首を横に振って、ヘルメットとプロテクターを付けずにジャンプした。それもゴミ山の方でだ。タマキ君や四人の子は土を固めたちゃんとしたコースでジャンプしていた。

 別に嫌いになったわけじゃない。僕とアオイはタマキ君に話しかけづらくなって、特に四人の子とは一言も喋らなくなった。僕らと彼らの間には沈黙の溝が横たわっていた。何度も言うけれど嫌いになったわけじゃない。でも気まずくなった。僕とアオイは気まずさを避けるようにゴミ山には行かなくなった。

 その後ゴミ山からゴミが撤去されて、明るいオレンジ色のフェンスに囲われたBMXのコース場ができた。タマキ君や四人の子だけじゃなくて、たくさんの子ども達であふれかえった。みんなヘルメットとプロテクターを着けていた。

 でも数年後には誰もそのコースを使わなくなり、フェンスにツタが絡み、土で固められたコースは草で覆われた。そしてまたゴミが捨てられるようになった。でも僕とアオイは大きくなってゴミ山には近付かなくなったし、他の誰かが遊び場にしているようでもなかった。それから何年も経ったがゴミ山は明るいオレンジ色のフェンスに囲われたまま静かに眠っている。

(おわり)

このエントリーをはてなブックマークに追加

bitcoin

20XX年、あるところにタツヤという少年がいました。

ある日、少年はネット上に「仮想通貨が値上がりするぞ~!」と書き込みました。

大人達は慌てて仮想通貨を買いに走りました。

しかし仮想通貨は値上がりしませんでした。

しばらくするとタツヤ少年はまたネット上に「仮想通貨が値上がりするぞ~!」と書き込みました。

大人達は「出遅れてはいけない」と我先に争って仮想通貨を買い求めました。

しかし仮想通貨は値上がりしませんでした。

さらにまた日が経つとタツヤ少年はネット上に「仮想通貨が値上がりするぞ~!」と書き込みました。

大人達は「また嘘さ」と今まで買った仮想通貨を売り払いました。

すると仮想通貨は大暴落したので「やっぱり嘘だった」と言いました。

それから数日すると仮想通貨が少しだけ値上がりしました。

「買戻しが入っただけさ」と大人達は言いました。

仮想通貨はまた値上がりしました。

「元の値に戻っただけさ」と大人達は言いました。

仮想通貨はさらに値上がりしました。

「相場は浮き沈みするものだからこういうこともあるさ」と大人達は言いました。

仮想通貨はまだまだ値上がりしました。

「これはバブルだ。近いうちに暴落するさ」と大人達は言いました。

しかし仮想通貨はもっともっと値上がりしました。

タツヤ少年は大量の仮想通貨を買っていたので大金持ちになりました。

「どうせあぶく銭だ。仮想通貨なんて実態がないじゃないか。そのうち消えてなくなるだろう」と大人達は言いましたが、それからも仮想通貨は値上がりを続けたのでタツヤ少年はずっとずっと幸せに暮らしましたとさ。

(おしまい 2018年4月8日 牛野小雪 記)

牛野小雪の小説はこちらから↓
牛野小説の小説 in キンドルストア






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ