愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

タグ:広橋悠

このKindle本を読め!王木亡一朗強化週間『ライフゲージ』

心身共にうんたらという言葉がある。困憊でもいいし、爽快でもいい。

 そこに至るまでに心と身体が一緒に困憊したり、爽快になることは少ないように思われる。国道の端から端まで走れば、まず体が困憊して、それに引きづられて心も困憊するだろうし。でもそれが駅伝で、地区優勝を取ったとかであったなら心は爽快になり、体の疲れも吹っ飛ぶ。ということを理解するのにあまり苦労はしない。
 
 心と身体は独立して存在するのではなく、お互いに影響を与えながら生きている。

 心を臓器として考えればもっと分かりやすいかもしれない。肝臓がダメになれば、他の部分もダメになるし、他の部分が頑張ることによって、ダメになっている肝臓が踏ん張って持ち直すということもある。かといってある臓器だけを気にかけていても、他の部分が全然ダメになることだってあるだろうし、全てに気をかけていても、いつの間にかどこかがダメになっていたというのはよくありそうな話だ。

 人生だって同じようなものだ。お金は大事だけどお金ばっかり追っていると落ち着かない人生になるし、かといってお金を気にかけないとみじめな人生になる。人に気をかけていても嫌われることはあるし、気に入られようとしなければ気にかけてくれることはない。魚心あれば水心あり。

 一度だけの人生。心をどこに置こうぞ。・・・・・なんて真面目に考えるには人生は重たすぎるのだ。誰も人生を背負うことはできない。そうできていると思い込んでいる人はいるけど。

 人生はシュミレーションゲームではなくシューティングゲームみたいな物。障害物に気をつけながら目の前に現れた敵を撃ち倒すこと。次に何が出てくるかは分からないし、敵は前から出るとも限らない。上下後ろどこからでもありだ。とにかく倒しまくって敵を倒し、、、まくらなくったって良いんだな、これが。生きてる限り前に進む。考えてみたら残酷だよね。今はもう2017年だけど、2016年もうちょっと待ってくれよって思う時がある。

(2017/01/11 牛野小雪 記)
LaLaLaLIFE









続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 この前遠藤周作の『沈黙』を読んでいて、村人の、たぶん長崎あたりの方言が出てくるのだが、さっぱり分からなかった。地文の方でも主人公は何を言っているのか理解できなかったと書いてあるので、まぁそれはそういうもので良いとして、ずっと前に田中慎弥の『共食い』を読んで、こちらでも方言が出てきてさっぱり分からなかった。しかもこちらはそれでちゃんと意思疎通を図っているようであったが、読んでいる方はさっぱり分からなかった。こちらも地の文は普通だったし、会話文も分かるところはあったので、前後の文脈をイメージしながら読んだ覚えがあるが、かなり読みづらかった。こういうことがあったので小説に方言はなじまないのではないかと以前から思っている。

 以前、徳島新聞で阿波弁で読む童話というものがあった。これは地の文まで全部阿波弁。 一応私は徳島に住んでいる人間で日常的に阿波弁を使っているのだが、いざ読むとなるとかなり読むのに苦労した。というか頭に入ってこなかった。やっぱり方言は読む文字としては弱い? ちなみに
その阿波弁で童話を読むというコーナーはもうなくなっている。
 同じ理由で川上未映子もけっこう最初の方で投げ出した(グーグル先生によると、あれは河内弁だそうだ)。耳で聞けば逆で、方言の方が耳に入ってくるような気がするが、気がするだけでやっぱりダメなのかな? → 口語体とはいっても、人間が実際に喋っている言葉は存外適当なもので文字に起こしてみるとひどいものだ。でも普段は気にならないということは、整えられた文章が音になっても立板に水になるのかもしれない。そういえば政治家の答弁って事前に整えられているんだっけ? 実は原稿で読めば凄くきれいに頭に入ってくるのかもしれない。
 
 広橋悠の『海想』は会話文が関西っぽい感じだったけど、わりと読めたわ。腕がええんか、うまいこと使たんかはよーわからん。
関東とか東北の人はどうだったんかな。伝わるかどうか分からんのにあえて博打うつんはよーせんわ。そんなんでわいが書いとる小説は、徳島とか、大阪の人が出ても普通の言葉でしゃべっとる(ポッと出の人はほーでもないけど)。地の文はもちろん方言ちゃう。まぁ、自分でも方言で書いてみようと思ったけど、実際に書いてみるとごっつい書きづらいわ。やっぱり小説は標準語で書いた方がええんとちゃうか?

(おわり)

牛野小雪の小説はこちらへ→Kindleストア:牛野小雪

※全国テレビは東京基準で考えているから博多弁萌えとか、京都弁萌えが取り上げられるけど、逆に地方で住んでいると標準語、というか東京弁(どこがどうとは言葉にできないけれど東京の人もなまっているよね?)萌えがあるようにと思うんだけどあんまり話題にならないね。東京から地方への流れが少ないからだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ