愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

カテゴリ: 創作ノート

1.最初の素案

 元々のネタは野宿をしながら料理人の女が四国を回る話だったが、当時は四国88ヶ所巡りが始まって1200年とかでテレビでよくニュースとか特集をやっていたので、それをネタにしようとしていて弘法太師のネタを探しに色んな寺を巡った。しかし小説のネタにするには弘法太師の行状がひどいので、あきらめたような記憶がある。仏教的には良いことらしいけどね。88ヶ所巡りをすることも考えたが1200km歩くことを考えると、やる気がしぼんだ。
 ノートの右半分は野宿で何を食べるのか色々考えた跡が記されている。どうやってたんぱく質を取るのか悩んでいた。
1

2.チーズでダシが取れる!

『砂の上のロビンソン』という本を探していたが絶版になっているようで見つけられなかった。その代わりに『旅の重さ』と『ロード88』という映画をDVDが借りて見た。『旅の重さ』の方は何となくまだ見た感じが残っている。でも今の時代は放映できない感じだと思う。採算的な意味で。
 右ページに大きく『驚き! チーズでダシを取れる!』と書いてあるのは、チーズでダシを取った豆のスープを作って食べると、とても美味しかったことの驚きを表している。本当に美味しかった。野外用の小さなコンロと小さな鍋で作って、鍋から直接食べた。その後、残った汁で雑炊を作った。これも美味かった。
 そのあと水を沸かしてコーヒーをブラックで飲んだ。その日の夜は目が冴えて眠れなかった。

 この時タビーという茶トラの猫の短い話の流れが書き込まれている。これは後のジンジャーに繋がる。その下にある別れた女房に執着している男はタクヤが天野巡りを始めるきっかけになる男の前世。
2

3.異世界創造

 徳島県がすだち県になっている世界のあれこれ。お札の人物が変わっている案もこの頃に出している。もちろん歴史も違うものになっているのだが、ここまで入れると長すぎるのでカットした。一応架空の歴史を語ると、大庭義昭が仁科為吉を不破の関で打ち破って征夷大将軍になり大阪幕府が開かれているという設定になっている。
 最後にちょろっと旅人がふらっとやれるような仕事を探していて、それの報酬を調べていた。でもいちいち仕事の描写を書くのも面倒なのでボツとした。タクヤはホームレスからお金を得ることになる。

3

4.ターンワールドのパイロット版

 最後までプロットを通す。この時はまだ通しただけでプロットは完成していない。88ヶ所巡りをどうやってさせるか悩んでいた。異世界に行くので、異人(猫人間や魚人間)がいることを思いついたが、面白くないのですぐにボツとなった。
 この時にターンワールドのパイロット版とでもいう短編を二つ書いた。この辺りでターンワールドのイメージを捉えたような気がする。
 ○成人月歩
 ○I'm walking
4

6.最後までプロットを引く

 最初から最後までプロットを引く。すっきりとしたプロットで12万字で終わる予定だった。
 表紙の案もできていて、推敲が終わる頃に書いたが、別の表紙を書いた。
 主人公の名前はまだ決まっていなかった。というより誰の名前もまだ決まっていなくて、ミワも女とだけ記されている。
5

7.各章のプロット

 全体から各章のプロットへ。この時はまだ章のタイトルが決まっていなかった。たぶんターンワールドという本の名前もまだ出ていなかっただろう。『GO! AWALAND!』という奇妙なタイトルが左上に書かれている。最後の章はreturn worldなので、この辺でturn worldが出てきたのかもしれない。
 この段階では主人公が死のうとしているところで女と出会って助かることになっている。
6
 猫の章はスカスカ。あとで最後の章のシトラスクィーンとミックスさせるのだが、もしかするとプロット通りで良かったかもしれない。
7

9.雨乞いの巫女

 天野巡り信仰の要である雨乞いの巫女アマノウズメの名前が決まる。日本神話に出てくる女神と同じ名前で、この時には既に読んでいるはずだが、だいぶ後になるまで気付かなかった。でも彼女が主人公を異世界から元の世界へ戻す役割を担っているのでアマノウズメで良かったと思う。
 この時は最後にアマノウズメに会わせる予定だったらしい。

 右ページは作中作の『拙者、猫に候』のプロット。この時は本気で書くつもりでいたが力不足により設定だけの登場。
8

10.突然始まる刑事物

 プロットの段階で私にターンワールドを書くのは無理とあきらめて、別の話を書こうとしていた。T島県に巣食う麻薬組織をある刑事が追う話。このプロットはまったく日の目を見ることはなかったが『エバーホワイト』『聖者の行進』で似たような事情の話がちょろっと出てくる。
9

11.気を取り直して
 
 猫の章を書く自信がなかったのでプロットを練り直した。猫とシトラスクィーンの章がミックスされている。登場も女より早くなったが、女の代わりに猫が死ぬことになった。何故死ぬのか? それは作者にも分からない。シトラスクィーンがイルカの群れに飲まれて死ぬという案もあった。ターンワールドではあの時点で誰かが死ななければならなかったのだろう。小説の不思議だ。

10

12.仮書き

 プロットができたのでノートにざっと仮書き。
 最初のBAD WORLDはかなり短いが、原稿ではかなり長く書いた。次の章はもっと長く書いた。
 この時点ではまたミワと先に出会うことになっている
11
ミワと出会って、ジンジャーと出会い、シトラスクィーンと出会い、そしてジンジャーが死ぬところまで
12
 最後の章。最初に出会った老人の教えがここで生きてくるというのを考えていた。アマノウズメと出会わないというラストにしたのはこの辺りのようだ。
 右ページでは、仮書きの後にまたプロットを引きなおしている。
13


13.プロットの引きなおし
 仮書きを踏まえてプロットの引き直し。2枚目の写真ではミワの章で色々と悩んでいる様が窺える。
14
15

17
 余白に書く感じでturn worldの章の最後の部分が書かれているが結局書かなかった。パイロット版のI'm walkingみたいな話を2万字と考えていたが、作者の限界がきていたので物語を支えられなかった。すぐに最後の天野神社へ行くことになった。

 こうやって振り返ると力不足によりプロットを変えたところが多い。今ならこれ書けるぞ、というプロットがある。でもどんな小説と出会うか作家は選べない。その時に出会ったものを、その時の実力で書くしかないのだ。それでも『ターンワールド』は牛野小雪の中でひとつの金字塔となった。とても大きな小説で、まさか『真論君家の猫』に続けて、こんな物を書くとは思わなかった。

(おわり)

牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事ー創作ノート 真論君家の猫

 以下、これを見ながら執筆したチラシの裏篇(ルーズリーフだが)
 創作ノートを見ながら時に書き足し、あるいは削り、そして変更する。

1クロスケが真論君に拾われるまで
 一章ミータンが真論君と出会うまで、2000字で終わらせたかったのだけれど丸々一章使ってしまった。クロスケという名前は後に再利用される。この章を書き終えたときにはもう最後の形はイメージできていた。
mc t1

2ミータンが成猫になるまで
 ミータンがマートンの遺影を見たときに戒名があるのを見るというのがあったが長くなるのでやめた。真論君は禿げないが(小六だし)、ミータンの体毛は禿げてしまう。
mc t2
3ミータンが平成町を旅立つまで
 本来は3章だけ。ミータンが平成町を旅立ってすぐに、大化町の猫又アラーニャンと出会う。でもほんの短い数行にミータンの長旅を書き表せることができなかったので、話を追加した。
 この時はまだ大化町の猫達がアラーニャ、マーニャ、カラマーニャとなっている。
mc t3
4ミータンが猫又のアラーニャンに会い、平成町に帰るまで
 明治町から始まって大化町までの長い旅。ターンワールドに通ずるものがある。というかこれが意外に良かったので、書こうと思った。
 
mc t4
5シラコさんの七変化
 シラコさんの七変化(たぶん七つは無いけど)、各章で最後に語られる不定の世界というわけだ。
mc t5
6最期のミータン+3匹目ムートン
 3匹目ムートンの種が播かれ始める。ミータンの物語は猫又のアラーニャンと出会い、平成町に帰ってきたところで実質終わりだと思うのだが、読んだ人はどう思っただろうか。少なくともミータンという花は枯れ落ちる方向に向かっている。ミータンが死んだ後は、ムートンの芽が出てくる。そこで真論君家の猫は終わり。
mc t6


このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターンワールドは本当に余裕がなかったので、『真論君家の猫』の創作ノートを公開できなかった。
 やっとやっとの休息なのでここに公開する。
 画像加工の腕が多少上がったので、写真には書き込みがある。
 その前に撮影の腕を上げろと言われそうだけど。


mc 1

1真論君家の猫の原案
 ルーズリーフ11枚分。間違いなくこれで書けるという確信を持つ。
 元々の話は真論君と虚頓君(まだこのときは名無し)が真論君の部屋でああだこうだと屁理屈をこねるだけの話。
 最期は真論君が虚頓君の妹を妊娠させてしまって、責任を取って結婚する。
 子供が生まれてミータン(この時名無し)が赤ん坊を覗き込み、人間とは生まれたときから猫より大きくて態度がでかいと考える所で話が終わる。


mc 2
2没案にした話
 直接は関係ないのだが、影響はしている。
 5章のシラコさんが死ぬ話は立場が逆転しているが、同じ様な話がある。
 鳥はなじみがないから、猫になったのかもしれない。
 ノートに3枚ぐらいは書いた。ちっとも物にならないのでやめた。


mc3
3真論君家の猫の一生
 真論君と虚頓君のふざけた話がずっと続く。それを猫が見ている。そんな話だった。
 つまりは物語の主人公は実質真論君だったわけだ。
 あの時はこうだった。あれはどうなったと
 部屋でする会話の中で物語が進んでいく。

mc4
4プロットの作り直し
 実を言うと、真論君家の猫を書き始めるまで猫の一生は3、4年と思っていた。
 ネットで調べると野良猫の一生はだいたい3、4年だが、飼い猫は普通に10年単位で生きると知って驚く。
 私の記憶では飼い猫でも3、4年だった気がするが、よくよく考えてみると、昔は(今でもそういう家があるが)飼い猫をその辺に歩かせていたのでエサは家で食べていても、実質は野良と変わらないわけだ。
 高校の頃、友達の猫が5年以上生きていて、まだ生きているのかと内心思っていたけれど、ずっと室内で飼っているならそれぐらいは余裕で生きるのかもしれない。ことによるとまだ息をしている可能性がある。
 さて、原案では3、4年の想定で考えていたので早速予定が狂った。猫の月齢表を見ながら案を考える。


mc5
5.10年スパンで話を考える
 ミータンの寿命を10年にして、一年一万字で話を練り直す。
 真論君が頭髪の薄さを気にして、虚頓君から熱したこんにゃくを頭に載せればハゲが治るという話を真に受け(試したわけじゃないが、たぶん治らないと思う)、両親が不在の間にこんにゃくを鍋で煮て頭に載せるという話があった。猫がそれを食器棚の上から見ている。
 当然こんにゃくは熱過ぎて、真論君は頭からこんにゃくを落とす。落ちたこんにゃくは弾力があるものだから床を跳ねる。それが足に当たった真論君は驚いて足を上げる。まるで踊っているようだった。という落ちだ。ちなみにそのこんにゃくは両親が帰ってくる前に、からしとしょうゆで真論君が食べてしまう。
 この話は形を変えて、ミータン自身が禿げる事になる。こんにゃくは出てこないけれど。

mc6
6特にまだ形はできていない
 まだ全体像はできていない。とにかく色んな案を書いていた。

mc7

7サバトンさんが宇宙の話をする
 ミータンがサバトンさんにこの世界の事について尋ねるのだが、その時に無限の宇宙を語らせようとした。しかしそれは有限の存在である牛野小雪には扱えないものだった。頭がふわふわして気が狂いそうになる。論理ガバガバのドーナツ理論でお茶を濁した。


mc8
8大体の形ができてくる
 今まで書いてきた案をまとめて整えて形になってくる。
 主客転倒して真論君の物語から猫の物語へ。


mc9
9真論君家の周辺地図
 作中では明言されていないが、ミータンが歩いていた場所はほとんどが真論君家の敷地。
 彼は真論君家に根を生やしているわけだ。



mc10

10.3章と4章が合わさったところ
 屋根党員には知識派と遊行派がいるが、作中では知識派しか出てこない。
 では遊行派はどこに? きっとその辺で遊んでいるのだろう。
 この時点では3章でミータンが平成町を出てから、次の章ではすぐにアラーニャンと出会っている。


mc11
11 5章6章
 白紙のときは無限の可能性があるが、書くごとにその幅は狭まってくる。
 可能性が狭まってくると書くことはおのずと決まってくる。

 物語は終わろうとしているのに新しい猫ばかり出てくる。 



mc12
12最期のミータン
 結局ここまできて、蒲生田岬の頃から半年以上書き溜めてきた原案は一つも使われなかった。
 あるとすれば真論君の部屋で4人が語り合うという状況だけ。
 でも、元々似た様なことを考えていただけに、この部分だけはあっという間に書けた。あそこは結構長いが一日の執筆で書きあがっている。その意味では無駄ではなかったのかな。

続くー創作ノート 真論君家の猫 チラシの裏篇


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

元の記事
高崎望の創作ノート
http://blog.livedoor.jp/cowfieldtinysnow123/archives/8078174.html

1.2章(二年生 愛梨マイラヴ)全体を書き直した案
BlogPaint

2.2章の起。この時になってやっと舞が出てくる。一応舞のような存在は想定されていたが、物語に絡んでくる人物ではなかった。愛梨の性格は舞と愛梨を足したものだったが、一人の人間に納められないと感じたので2人に分割。その結果望、透、愛梨、舞の四角関係が出来上がる。2章では望と愛梨、透と舞が付き合うようになる。どうしてそうなったのかは作中では明かされていない。問題は望の心情なのだから、それが分からなくても楽しめるようには書いたが、気になった人は中央に書かれている『冗談の中に真実を』という言葉が謎を解く鍵。
BlogPaint

3.承。透と河川敷で決闘をした後に望が愛梨に振られる。
2014-06-13-172315

4.2章後半をもう一度書き直し
2014-06-13-172351

転の部分がない。


5.2章の結。愛梨に振られてからの大団円へ。
2014-06-13-172407

6.3章
2014-06-13-172431

7.3章続き
3章ACT3

書き進める毎に初期案からは遠ざかった。そのたびに構成を書き直したので、結果的には別物となった。だからといって創作ノートを作ったのが無駄とは思わない。初期案があったからこそ、それを踏み台にして発想のジャンプを得られたのだと思っている。


8.何故途中からチラシの裏がきれいになってきたのか。それはこれがあるからだ!
BlogPaint
リアル雑感帳システム!これに書き込めばチラシの裏を紛失することなく後に読み返すこともできる。
軽い日記帳を兼ねているので中身は見せられないが、このシステムを採用してからはずいぶん考えがまとまる気がしている。

高崎望はかなりかっちりした作りだが反応はいまいち薄い。
時間の問題があるとはいえ一番出来が悪いと思っているドアノッカーが今までで一番反応が良くてツイッターやAmazonにもレビューがついた。いまもって納得がいかない。
きっと何か魔物が住んでいるんだろう。次はもっと別な物を書いてみたいと思っている。







このエントリーをはてなブックマークに追加

以下の物は実際にパソコンに向き合う時に脇に置いておく覚え書きみたいなもの。
チラシの裏や、コピー用紙の裏を使用した。

1.1章 起の構成を書く
2014-06-12-181550

左端にへなへなの斜め線で区切り別1と書いてある。この部分は序章の3年生 中学卒業? の部分。
右上に5000と書いてあるのは15000。1が細くて写っていないだけ。あの部分は独立した章ではなく、2000字ぐらいで流すはずが2万字を越えてしまったので独立の章とした。この時から初期の構成が崩れ始める。

2.上記の別1。右に15000?と書いてあるが、この時はどれだけ続くか自分でも想像がつかなかった。結局2万字を越える。この章を書き終わった頃から執筆をしながら全体の話を書き直し始める。
2014-06-12-182104

3.元々の1章起に戻ってくる。中間テストで赤点を取るところまで。小林くんの名字は小松だったが、何故か小林に変名。小松姓は愛梨になる。ちなみに愛梨は元々松本という姓だった。
2014-06-12-182117

4.1章の承。外道高校の不良に財布を取られて、警察も頼りにできないと知る場面。また赤髪との因縁が始まる部分でもある。また、ここでのシーンが2章の愛梨、3章の小林くんとの仲直りへの伏線がある忙しい場所。最後は井上さんがゲーセンのビルの階段踊り場で外道高校の不良を3人倒して終わり。
2014-06-12-181719

5.1章の転。井上さんのレクチャーから始まり、望がリーゼントとなり、ゲーセンのビルの階段踊り場で外道高校の不良3人を倒して終わり。
2014-06-12-181747

6.1章の結。赤髪と過去の精算から始まる。ここで上級生に丸坊主にされると脅されるシーンがあるが、これは後に3章で丸坊主にさせるのだが、その時に唐突な印象を与えないためである。同じ仕掛けは蒲生田岬の正人が2度後ろへこける描写と同じである。高崎望では同じ仕掛けがまだあるが奇特な人がいれば再読の時にでも探してみてほしい。すぐに見つかるのは最初の方にある。丸坊主の描写は1章内では望を追い込む仕掛けとして使われている。
2014-06-12-181805
中央下の○は外道高校の印。書きながら望が倒すごとにレを入れた。
右側にいっぱい書いてあるのはどうやって外道達の嘘を見抜くか必死で考えたあかし。
結局、論理的に嘘を見抜く方法を見つけられなかったので、上級生の漏らしたほんの些細な一言から偶然馬脚が現れるという方式にした。


チラシの裏 その2へ続く
高崎望の創作ノート チラシの裏篇 その2


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近蒲生田岬の創作ノートの記事が伸びている。どうやら創作の道を迷う子羊がいるらしい。
しかしながら、自分自身が絶賛書き悩んでいる最中なので、こっちも他人の創作ノートを見たい気持ちだ。
まあ、かいより始めよとう言葉もあるし、創作ノートに一定の需要があるようなので高崎望の方も載せておくことにした。



1.全体の素案。二年生の題は当初 just give your kiss!  だったのが愛梨マイラヴに変更されている。ギザギザで囲まれているので当時はよっぽど固い決意があったと思われる。
2014-06-12-180705

この時点で
○小林君と透を望のシャドウとして書くこと
○外道高校にやられてリーゼントになること
○愛梨が彼女になる
○大学受験をすること
○毎年両親の結婚記念日と渓流釣り書くこと
は決定していた。
素案だけに相違点も多い。
この時点では井上さんの名前が黒川さんになっていて、2年生の時に学ランを継承することになっていた。裏地には曲がりくねった古木の梅に虎が伏せて唸っている絵が刺繍されている。3年生の不良をやめた時にこの学ランは封印されるが、大学受験の時に裏地を胸ポケットに入れて、勇気を得るという発想があった。ドラマチックな展開だが、3年間成長させた望にその描写を入れるとかえって軟弱に印象になりそうなので、実際には何も持たせずに文武大学へと行かせた。学ランの設定も没とした。


2.各章で書くことの確認。この時は3幕構成だった。左下は人物相関図。この時まだ舞は出てこない。
この頃はまだ望が不良の道へ振り切り、外道高校とゲーセンの覇権を取り合うという話だった。
その因縁で大学受験の時にもう一騒動ある予定だったが、それは没案とした。ゲーセンにはビリヤード室というゲーセン内でもさらに隔絶された場所があって、そこで2章の愛梨の場面を書こうとしたが、これも書く直前に煩雑すぎるということに気付いて没とした。
2014-06-12-180724

3.一章(一年生 喧嘩上等!)の構成を仮書き。このシーンにはどういう意味をもたせるかの確認。学ランのランはランダの略で洋服という意味らしい。
2014-06-12-180408

4.全体の構成を仮書き
2014-06-12-180425

5.上記のノートを元に1、2章の構成をまとめる
2014-06-12-180441
6.3章の構成をまとめる。右は各施設の大まかな地図。それと雑感。
愛梨が陸上部でくるぶしまでのソックスにシュッとしたシューズを履いているという文章を書きたかったようだ。予定より話が伸びたので部活の話は削った。
2014-06-12-180522


ノートはここまで。ブログデザインの関係上で画像右端が切れています。写りは悪いですが気になる人はクリックして別画面で開けば全てを見られます。

次はチラシの裏篇へ続きます。
高崎望の創作ノート チラシの裏篇 その1


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

 何故か知らないが最近閲覧者数が4倍ぐらい増えている。PVからして新しい人が来て過去記事を一通り見ていったようだ。無料キャンペーンをしたからかな。


 私は他の人がどうやって話を作っているのかずっと知りたかった。創作ノートとか覗いてみたいと思っている。
 以前、月狂さんが創作ノートを晒していたので、私も蒲生田岬の創作ノートを晒してみることにした。月狂さんはノート1ページだけだったけれど、私のはもうちょい多くて、そして汚い。画質が悪いのはvita で撮ったから。kindle に背面カメラがついているときれいに撮れたんだけどなあ。

1.まず原案。登場人物と物語全体で何がどうなるか。それと大まかなプロット。
2013-12-03-144004

2.登場人物の相関関係。4章のプロット(この時は2章にする予定だったようだ)
2013-12-03-144016


3と4.各章のあらすじ
 2013-12-03-144028
2013-12-03-144036

5と6と7. 5章までのプロット。5の左下で分岐線が9つに別れているが、5つ目の下に黒い丸でもう一章ある。
2013-12-03-144042

2013-12-03-144047



7と8と9.後半のプロット。あとで見て、書きやすいように線を引いて、物語を時系列に並べて書き込んでいる。

2013-12-03-144054

2013-12-03-144100

2013-12-03-144139
最後の小さいノートは蒲生田岬への簡略地図とどんな場所だったか書き残したノート。

 他にもチラシの裏に書いたのがあったが、その部分は書いてしまうと捨ててしまった。
 こうやって読み返すと最初に思い描いていたのとはちょっと違う物になってしまったと思った。大きな流れは一緒だけれど。使わなかった物もあるし勿体ない気もする。
 こんなすっかすかの創作ノートでよく書けたなあ。なぜ書けたか自分でも分からない。
 でも月狂さんはノート1ページであんなに濃密で危険な小説が書けるんだから半端じゃない。


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ