愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

カテゴリ: 進捗状況

聖者の行進下をリリースしました。
今年はこれで打ち止めです。


体育館で穴掘りの仕事を始めたタクヤ
ユリの手を引きながら焼け跡を歩くナツミ
二人はそれぞれ巨人と神の言葉を聞く






このエントリーをはてなブックマークに追加

『聖者の行進』を書いてみよう。week1 2017/2/15

 真論君家の猫は書き始めるまでに半年かかっている。聖者の行進は黒髪の殻を書いている間から書くかもしれないと考えていたから一年以上かかっている。物語上の繋がりはないが、系譜としては、黒髪の殻→エバーホワイト→聖者の行進、と続いていて、今作が到達点の予定である。感覚的にはこれが最高点なんだけどエバーホワイトがちょっと書けすぎてしまった気がするので、聖者の行進がとんでもない駄作になったらどうしようかと怯えている。
 途中までは書ける。自信はかなりある。それこそ時間さえかければ絶対に書けるというやつだ。問題は途中からどうしてもこれは書けないという領域に踏み込むことだ。もしかすると準備不足かもしれない。しかし書き始めてみると手応えはある。いや、ここは自信のあるところだからだとも思い直す。まだ懸念の場所には至っていないし、そこへ辿り着くにはまだ時間はある。
 今回は複数人で物語を回そうと考えている。幽霊になった私と獅子の檻ではアキと私、レオタ君とヤマダの二人で回したことはあったが、もっと距離の離れた感じで書いてみたい。最初に考えた三人のな線がなかなか交わってくれなかったのでだいぶ苦労したが、最終的には交じらわせなくても良いような気がした。人ではなく世界観を中心に置いて三人を世界の外周で回せばうまく回せるような気がしたのだ。
 と、大げさな口を叩いてもやっぱり書ける気はしない。だから進捗状況なんて堅いタイトルではなく、書いてみよう、にした。書かなくなったら自然に更新されなくなる記録である。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

キンドルアンリミテッド、オーナーライブラリーで読めます。
エバーホワイト (牛野小雪season2)
牛野小雪
2016-11-10
かつては東京のある会で表彰されるほど優秀だった正文は落ちぶれようとしていた。
そんな時彼は肉体労働に従事している長谷川さんと出会う。
二人の共同生活が始まると、正文は長谷川さんの心と体がクスリに侵されていることを知る。
正文は長谷川さんを救うために自分もクスリを飲むことにした。
クスリと正文とで長谷川さんの奪い合いが始まる。


試し読み→エバーホワイト 試し読み
本編を最後まで読んだことがある人はこちらへ→『エバーホワイト』に一言もの申したい!

進捗状況『エバーホワイト EVER WHITE』 No.1

 0字

 今回はいつもと違う書き方をしたいと思っている。
 今までは何とか書いてやろうと私の方が頑張っていたが、今度は小説の方に頑張ってもらいたい。もちろんひとりでに小説が書けるはずはなく、文字を打つのは私の指でしかありえないのだけれど、イメージとしては小説の方でひとりでに考えて、ひとりでに膨らんでいく。

 何もしなければ何も起こらないかもしれない。まぁ、その時はいつもの様に小説のケツを押しながら書くことになるだろう。

(おわり 2016/07/10)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

キンドルアンリミテッド、オーナーライブラリで読めます。

ターンワールド 上&下 (牛野小雪season2)
牛野小雪
2015-04-21
この世が最悪の世界だと見抜いたタクヤは、
夜行バスに乗り徳島へ家出したが
彼の乗ったバスは徳島へ到着しなかった。



試し読み⇒ターンワールド冒頭

ターンワールド 進捗状況vol.1
2014/12/23

 今回はかなり遅筆。なかなか進まない。『ターンワールド』というものを書いている。今回も長編でやっと物語の滑り出しまできた。前作のペースなら今頃初稿ができているはずだが、まだ半分も書けていない。創作ノートで全体像を見直した。これは火星の話と一緒だ。世界観は違うけれど、やることは同じようなこと。筋運びも同じだから、結末もやはり同じようなエンドだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ