愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

カテゴリ: 読んだキンドル本

このKindle本を読め!王木亡一朗強化週間『ライフゲージ』

心身共にうんたらという言葉がある。困憊でもいいし、爽快でもいい。

 そこに至るまでに心と身体が一緒に困憊したり、爽快になることは少ないように思われる。国道の端から端まで走れば、まず体が困憊して、それに引きづられて心も困憊するだろうし。でもそれが駅伝で、地区優勝を取ったとかであったなら心は爽快になり、体の疲れも吹っ飛ぶ。ということを理解するのにあまり苦労はしない。
 
 心と身体は独立して存在するのではなく、お互いに影響を与えながら生きている。

 心を臓器として考えればもっと分かりやすいかもしれない。肝臓がダメになれば、他の部分もダメになるし、他の部分が頑張ることによって、ダメになっている肝臓が踏ん張って持ち直すということもある。かといってある臓器だけを気にかけていても、他の部分が全然ダメになることだってあるだろうし、全てに気をかけていても、いつの間にかどこかがダメになっていたというのはよくありそうな話だ。

 人生だって同じようなものだ。お金は大事だけどお金ばっかり追っていると落ち着かない人生になるし、かといってお金を気にかけないとみじめな人生になる。人に気をかけていても嫌われることはあるし、気に入られようとしなければ気にかけてくれることはない。魚心あれば水心あり。

 一度だけの人生。心をどこに置こうぞ。・・・・・なんて真面目に考えるには人生は重たすぎるのだ。誰も人生を背負うことはできない。そうできていると思い込んでいる人はいるけど。

 人生はシュミレーションゲームではなくシューティングゲームみたいな物。障害物に気をつけながら目の前に現れた敵を撃ち倒すこと。次に何が出てくるかは分からないし、敵は前から出るとも限らない。上下後ろどこからでもありだ。とにかく倒しまくって敵を倒し、、、まくらなくったって良いんだな、これが。生きてる限り前に進む。考えてみたら残酷だよね。今はもう2017年だけど、2016年もうちょっと待ってくれよって思う時がある。

(2017/01/11 牛野小雪 記)
LaLaLaLIFE









続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Newton 脳と意識: 最先端の脳科学が,最大の難問に挑む

Newton 天才の脳: 創造性,直観,卓越した記憶力が生まれる仕組みとは

Newton 生命とは何か<大特集>: リチャード・ドーキンス博士「生命はつくれる」

 今書いているものの関係で意識とか、心とか、幽霊とか、その辺の本ばっかり読んでいる。前から気になっていたんだけど、ちょうど99円セールだったので即買した。意識については過去に一度ブログに書いていて、意識とは宇宙に対するロックンロールという内容だ。 

 

ushiburp-outpost.hatenadiary.jp

 まさかとは思ったが、この本にも命はエントロピーに反していると書いてあってちょっと嬉しくなった。人間考えることはみんな同じらしい。私もニュートンだ。

 ええっと、たしか指を動かす前にまず脳内で予備電気が何とか書いてあったはずだけど、その話にはまだ続きがあるのを何かの本で読んだ。脳内で指を動かそうと意識してから実際に動かすまでに、人はいつでもそれを止めることができるそうだ(間違っていたらごめん)。

指を動かす(無意識)→指を動かす(意識)→(いつでも止められる微かな時間)→指を動かす(実際に指を動かす)

 そう考えると意識とは何かをするのではなく、何かを禁止するためにあるのかもしれない。何かをしない理由は色々思いつくけれど、何かをした理由はなかなか言葉にできないもの。法律だって禁止事項ばっかりじゃないか。案外的を得ているかもしれない。

 ということは下手なものを書いてはいけない、普通のものも書いてはいけないと意識していれば自然と名文が頭に浮かんでくる? 確かに文章を整えることはできても、生み出すこと自体は無意識だなぁ。

 死なないと思っていれば本当に死ななかったりして……その前に馬鹿にならないようにって意識しておこっと。

 天才の本で脳みそが白黒で載っていたのは気持ち悪かった。東大に行けば夏目先生の脳みそがあるらしいけど絶対に生で見たくないなぁ。見せてもくれないだろうけど。まぁ、天才についてはっきりと分かることはないけれど、天才はなるものじゃなくて、なっているものだからジーニアスであって努力でなれるものだったらありがたみがないなとも思った。でも、ある日突然頭がどこか変な場所に落ちて「私は一時間で一万字書きます。一日で12万字。体力さえあればいくらでも」なんて言えるようになっていたら嬉しいけどね。もちろんちゃんとした文章で。

 死ぬのが恐いとはよく言うけれど、時々生きていることが怖くなる。無から自分が発生したことは最高のミステリーであり、ホラーだ。あんまり真剣に考えると頭の裏側がふわふわして危険な感じがするから、あんまり深くは考えない。

 上のブログにも書いているけど別に意識というか、心なんて必要ないわけだ(もっと言えば人間だって必要ない)。だけど、意識がある。生きている。元々無かったら何も感じないのだけど一度生まれてしまったからには死ぬのが恐い。なんて面倒なことをしてくれたんだろうと思う。

 

太陽の子孫

 異形の者が自分の脅威になるかもしれない。それは見た目だけじゃなくて考え方もそうだろう。直接的な危害を加えられなくても居場所を奪われることもあるのだから人として素直な反応なのかもしれない。何だかんだで親しくなれるのは自分と相手との共通点を見出した時であり、異なるところが気になりだしたらすれ違いの始まりだ。でも、いつかその異形の者が自分達を救う存在になることだってあるかもしれない。

 

四季

 NTRは一体誰が考えたのか。正直このジャンルはあんまり好きじゃない。そこから物語が派生するならともかくただNTRれるなんて。って、それが元々現実にあることか・・・・。

 

 自分を指差すとき、だいたいの人は鼻を指差す。自分探しをしている人は鼻毛をきれいに抜いて鼻の奥をよくよく覗いてみれば本当の自分を見つけることができるかもしれない。というのは冗談だが、自分で鼻を見ることができないように自分で自分を見ることは難しいようだ。人のことを平気で利用できる人が、自分は世間並みよりマシな人間と思っていることは大いにある。

 かといって相手の事を見るというのもなかなか難しい。普段頼りがいがあるように見える人がいざ事が起こると我先に逃げていたり、自分の意志があるんだかないんだかよく分からない人が愚直に事をやり通して石に矢を通すようなこともある。

 しょせん人の見た目は、その人が見せたい自己の影でしかいない。でも、本当の自分なんてあるのか? 影が本当になることだってあるかもしれない。

作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

 
小説家という職業 (集英社新書)

小説家という職業 (集英社新書)

 

  3年前までこの人の名前を知らなかったが、本人が自分でマイナ(マイナーのこと、森先生は何故か語尾は伸ばさない)とおっしゃっているので知らなかったのも当然かもしれない。でもスカイクロラは知っていた。原作があることも。ちなみに村上春樹も3年前は知らなかった。初めて名前を聞いた時は村上龍のニセモノか何かだと思っていて、なんだか変に持ち上げられているのでおかしいなと感じていた。1Q84がニュースになったことは覚えている。ノルウェイの森が映画化されたことも。それと高校の時に毎朝汽車の中で海辺のカフカをハードカバーを読んでいる人がいて、それも記憶に残っていた。でも作者の名前は全然記憶に残らなかったし、興味も湧かなかった。ニュースなり、口コミなりで伝わってこなければ有名な作家もこんなもんである。森先生も小説の世界はマイナなので当たり前のことだとおっしゃっていた。

 森先生いわく、小説にテーマは必要なし。曲がりなりにも小説を書いている私は、おお、なんだこの先生わかってるじゃないか。さすが有名な人だと胸の中で手を打った。

 次に文体の話が出た。先生は文体も必要なし、とおっしゃられた。曲がりなりにも小説を書いている私は、なんだこの先生、全然わかっていないじゃないか。小説ってのはつまるところ文体を読むのであって、それが合っていればしょうもない話でも面白くなると私は思っている。何を書くかではなくどう書くかだ。

 えっ、じゃあ文体って何? しばらくキンドルを脇に置いてしばらく考えてみた。好きな文体、肌に合わない文体色々考えてみた。結局、文体とは物事の見方、視点のことじゃないか? そういう結論が出した。

  とりあえず答えが出たので、さらに読み進めると、なんとそこには視点が大事と書いてあったので、その文章を二度見したあとで吹き出し、そのあと声を出して笑った。そりゃもう大爆笑よ。結局この先生わかっているじゃないかと感心すると同時にプロの犯行を見せられた気分だった。恐るべし森博嗣。でもマイナらしい。小説はまだ一冊も読んでいない。

ぼくが守ってあげる(待ち時間に軽く読む短篇集・4)

ぼくが守ってあげる(待ち時間に軽く読む短篇集・4)

 

  人間関係は直接影響しあっているのではなくて、真空を通して伝わる何かがあるのかもしれない。たとえば空気とか?

 個人的には女の人を誘うには焼き肉に誘えばいいというのが頭に残っている。ずっと残っている。フィクションとは思えない響きがあって、その日はもうこれだけが頭に残った。いつか機会があれば使ってみたいと思う。本当に効果はあるんだろうか? 

Driftage: (ギター小説『440Hz』シリーズ)

Driftage: (ギター小説『440Hz』シリーズ)

 

  誰かがターンワールドをロードムービ的だとかなんとかと言っていて、この本もロードムービと書いてある。もしかしてネタが被っていたのかなぁと不安になって読み始めたが、文体が違うから大丈夫だろうと思ったし、内容も全然違っていたからほっとした。そもそもロードムービという言葉があるぐらいだから、なにかそれっぽいカテゴリに入るようなものがあって、でもそれが重なるなんてことは、ロックというジャンルで不思議と被っている曲がないのと同じなのかもしれない。 矢井田瞳を最初に見た時は椎名林檎に似ていると思った。でも二人は違う。それと同じ。 

  この本とはあんまり関係ない話だけど、小説の主人公って子供か、職を失った人か、失恋した人ぐらいしかないような気がする。職業小説といって思いつくのは半沢直樹ぐらいか。あとミステリだと探偵や刑事。あっ、意外に他にもあった。事件が外にあれば大丈夫っぽい。でも主人公自身が事件となるとやっぱり上の3パターンなのかな。

悪魔とドライヴ

悪魔とドライヴ

 

  KDP界隈ではなにかと話題だった悪魔とドライヴ。読みやすいとの評判だった。確かに読みやすい。でもヘリベさんの書く話は難しすぎて私には内容を理解することが困難だった。まるで悪魔とドライヴしているみたいだ。どうして久太郎が小説を書いているのかよく分からなかったし、それが何かのメタファなのかもしれないと考えてみたがさっぱりだった。神にでもなったつもりか、ヘリベマルヲ、そして辻久太郎よ。

 最後は燃えてドンパチするわけだし、ちありなんて必要なかったんじゃないかなって思ってしまうんだけど・・・・。どうせアクションするなら、彼女を巫女にして悪魔と戦う物語はどうかと考えてみた。あの小説には悪魔が宿っていて、久太郎とちありが悪魔祓いしていくという話。・・・・考えてみただけ。もし件の悪ドラ会でこんな提案をしたらへリベさんに殺されていただろうな。

 私には理解できない深遠な物語だった。

 ニーチェは言っている。

”深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ”

 あんまり深追いすると虚無の谷に落ちそうなので分からないまま置いておくのがいいのだろう。

毒舌アフォリズム2

毒舌アフォリズム2

 

 月狂さんの震源シリーズ。じゃなかった、箴言シリーズ。 もしかして誰かに向けて語っているような気もしないでもないけど気にしてはいけない。たったひとりに向けた言葉が誰にでも刺さる言葉になることもある。

  そうそう、悪口も何を言うかではなく、どう言うかというのは小説の文体問題と同じだった。結局どんなことでも目の付け所が大事ってことなのだろう。意外にも森先生と繋がってしまった。全ての結論がここにつく。

 

(以上、おわり 2月25日 牛野小雪が記す)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

光を纏う女

 ヘリベさんの悪魔とドライブは何人かが目を通して修正されているそうだが、コーフィー(それと私)と淡波さんは本当に目を通しただけで終わった。コーフィーはCRAZY SISTER(電書猫のサイトにある→この小説の作者は誰にゃん?「CRAZY SISTER」 | 電書猫)、淡波さんは光を纏う女。私はてっきりあれで終わりなのかなと思っていたんだけど、他に短編が2つ付いていると知ったので一応読んでみた。すると、あれから続きを書いていたのでちょっとびっくりした。でも、いつもの淡波さんだったという印象。最初の流れのまま書いていたら、本当に違うものになったと思う。やっぱり作家特有の書き方はなかなか変えられるものではないのかもしれない(変える必要もないかも)。

 

 

ガラスたちの永遠

 また淡波さん。帯には著者初の恋愛小説と書いてあったけど『壁色のパステル』や『ケプラーズ5213』は恋愛小説だと思う。特にケプラーズの方は最後にソーの理性を溶かして、ケイトとの一気に距離を縮める話なんじゃないかと読んだんだけど、作者の中では恋愛小説ではないみたい。『ガラスたちの永遠』でも似たような構図で、形態を溶かして渾然一体と混ざり合うような話。淡波さんいわく私が恋愛小説を書いたらどうかと言ったのがきっかけみたいだけど全然覚えていない。でも弾射音さんに似ていると言ったことは覚えている。ガラスたちの永遠を宇宙規模にすれば『パッチワールド』の世界になる。

 

無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント (NHK出版新書)

 最近本当に気力がわかないのでこういう本を読んでみた。どこかで読んだことがあるような気がしたら、もうすでに持っている本だった。これによると失敗体験を学習するとより無気力になってしまうので、書けない時は書かないほうが良いっぽい。逆に書けるときは書きまくったほうが良いってことかな。あと、同じ境遇の人が成功しているところを見ると、無気力から抜け出すこともできるのだとか。落ち込んでいる時も、調子のいい時もブログなりツイッターなりで自分の状態を報告していれば、誰かの支えになったりするのかもね。

 

自立と依存の心理 本当の「心の支え」を見つけるには (PHP文庫)

 下戸の建てたる蔵もなしというように酒をやめても人は何かに依存する。タバコをやめた人がコーヒーを飲むようになったというのはよくある話らしい。私はまったくタバコを吸わない人だがコーヒーは一日に何回も飲んでいる。去年カフェイン断ちをしていたのだが、カフェインレスのコーヒーを飲んでいるうちにいつの間にか辞めてしまった。コーヒーを飲むようになると、また少し調子は良くなってきた。本当にカフェイン断ちをしたいのならそれに変わる依存対象を見つける必要があるんだろう。タバコでも吸ってみる?

 

生きるとは、自分の物語をつくること

 執筆でよく筆が進むとき、キャラが走る、ということがあるらしい。私は未だかつてそんな経験をしたことがなくて、頑張って物語に想像力の石炭を一生懸命つぎ込んでいるだけ。そんな現象があるなんて嘘みたいに聞こえる。もしかして小説を書くのに向いていないんじゃないか。でも、物語が生き物というのはよく感じることで、なかなか理屈通りに進んではくれないものだ。今書いているのも最初に考えていたものとは違うものになろうとしている。ああ、しんどい。でも、それがいいんだと思う。でも、早く書かないとどんどん成長していってしまう。自分より大きくなったらキャラが走ってくれるんだろうか?

 

ズズのズッキーニ

 物語の種は物語から生まれることもある。だいたいいつもこれを書いたら書くことがないなと思いながら書いているけれど、たいていその途中で「あっ、これは物になりそうだぞ」という物が湧いてくる。実は今書いている物でもやっぱり浮かんできて、ああ、早く書かなきゃ一生が終わってしまうぞなんて考えてしまう。とはいっても、今のペースで書いても2年あれば書けそうなんだけどね。でもその2年が確約されているわけではなし、見えているのは今目の前にある時間だけだ。感情的には今書いているものでさえ一生終わらないんじゃないかと思ってしまう。

 

毒舌アフォリズム

 私のキンドルで326行。内容はごく短い箴言集。一ページの行数が少ないので何度もスクロールすることになるのだけど案外疲れた。文字の壁を築くのもアレだが、少ないのも良くない。いつかきっと誰かがちょうどいい多さを研究してくれるに違いない。そんなことを言うと『他人から何かを得ようとする物は、かえって自分の時間を失う。傷つきながら得たものでなければ己の血肉とはならない』なんて言われそうだけど。

 最近月狂さんは箴言をつぶやいているけれど、この路線でいくつもりなんだろうか? 私も便乗してひとつ箴言をつぶやいてみよう。

今日の箴言:批評されるのは、小説を書き上げた者だけ

  たぶん今日でおわり。

 

ジュジュマル

 人は見たいものしか見えないというけれど(ないものを見ることもある)、見えていないことにはどうやったら気付けるのだろう。目の見えない人に空の青さを伝えられないように、見えていない人に見えていないことを気づかせるのは無理なことなのかな。

 

赤い人魚

 長く一緒にいれば自然と人は似てくるものだけど、お互いに影響しあうならともかく一方的に似てきた時は、まるで自分が乗っ取られるように感じられてあまりいい気分はしないのかもしれない。フルハウスとか見ているとそんな話がありそうだ。KDP本かと思ったけれどぽっきゅんになかったから違うのかもしれない。書き慣れている印象を受けた。

 

元海上自衛官が海上自衛隊の裏も表もぶっちゃけてみた!: 電子書籍だから語れることもある

 海上自衛隊じゃなくて航空自衛隊の祭りに行ったことがある。その時にヘリコプターに載せてもらったのだが、搭乗するときに回転するヘリのローターの下を通った時にクビを飛ばされるんじゃないかと思った。そっちの方がよっぽど恐かった記憶がある。それとフランクフルトが美味しかった。現代の戦争は非対称戦だけど、お互いに最新鋭の装備でぶつかり合った時はどんな戦いになるんだろうか? ちょっと気になる。先に相手を捕捉した方がミサイルを撃って終わり? 何年か前に本で読んだのだが、その時は最新鋭の装備やロボットをシステマチックに軍隊を運用するよりも、経験のある指揮官の先方がトリッキーな戦術をしかけて模擬戦では勝ったのだとか。さもありなんである。ミサイルもレーダーも凄いが、現代はミサイル迎撃機能もある。案外現代でもいざ海戦が始まればお互いに舷側を並べて大砲を撃ちあっているのかもしれない。空中ではドッグファイト(映画のトップガンはそういう話。続編が制作されるらしいがポシャると思う。)。地上戦だって相変わらず泥臭い戦いをしているから本当にありそうだ。

 余談だけど、エースコンバットの空戦はマニューバー(戦闘機動の型)を使うより、フルスロットル、フルブレーキで戦ったほうが楽。だいたいあの世界に燃料の概念はないんだし、敵はUFOみたいな動き方するし、細かいことを気にしてはいけない。でも、マニューバーを使えるほうがもっと強い。ミサイルを撃って仕留め切れないとオーバーシュートされる。自衛隊フリークと対戦はしたくない(あいつらロックしなくてもミサイル当ててくるんだから)。

 

ボタニカルアリス

  『銃夢』に出てくるザレム人は19歳のイニシエーション(成人式みたいなもの)を受けると、大脳を脳チップに変えられるのだが、その事実はM.I.B(医療監察局)によって隠蔽されている。物語の終盤にその事実が明かされることによって、主人公のガリィの拾いの親イドが記憶を消した原因、ノヴァ教授が狂気に走った原因が分かるようになっていた。

 銃夢の続編LastOrderではノヴァ教授がザレム人達にその事実を暴露して、ザレム人達は発狂に陥れる。ある人は自殺し、ある人は暴徒と化した。その中でも正気を保った人達もいる。 ことの良し悪しはともあれ、彼らにはザレムの秩序を取り戻すという目標を見出していた。

  ボタニカルアリスでも似たような話で、主人公は人工知能だということが最初に明かされる。でも、彼は一度は死にかけるものの、再び生きる側へ戻ってくる(ボタニカルアリスの世界でも人工知能は自分が作られた存在であると知ると自殺してしまうという危険があると後に明かされる)。理由は内発的なものじゃなくて、外発的なものだ。

 頭というか心の話だが、似たような話で皮算積人さんの魔法中年っ!がある。主人公の椎作は魔法を使えるようになって美少女に変身するわけだが、すぐに悪魔から聖少女を探す仕事を与えられる。

 魔法使いは彼だけじゃなくて他にもいるわけだが、そちらの方は特別な仕事や目標があるわけではなくただ力を得ただけで、彼はその力を持て余した力を悪事に使ってしまう。椎作はそこに自分を重ね合わせて涙した。

 仮に自分のアイデンティが崩れたとしても、自分の外に依存するなり、縛り付けるものがあれば、それを心の器にして形を保てるのかもしれない。水は方円の器に従うというわけだ。社畜といば自分を持たない他人の言いなりになって生きているという蔑称だが、そういう人の方が案外強い自己を持っているのかもしれない。

 

 (おわり)

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ