キンドルアンリミテッド、オーナーライブラリで読めます。

ターンワールド 上&下 (牛野小雪season2)
牛野小雪
2015-04-21
この世が最悪の世界だと見抜いたタクヤは、
夜行バスに乗り徳島へ家出したが
彼の乗ったバスは徳島へ到着しなかった。



試し読み⇒ターンワールド冒頭

ターンワールド 進捗状況vol.1
2014/12/23

 今回はかなり遅筆。なかなか進まない。『ターンワールド』というものを書いている。今回も長編でやっと物語の滑り出しまできた。前作のペースなら今頃初稿ができているはずだが、まだ半分も書けていない。創作ノートで全体像を見直した。これは火星の話と一緒だ。世界観は違うけれど、やることは同じようなこと。筋運びも同じだから、結末もやはり同じようなエンドだ。

ターンワールド 進捗状況vol.2 2014/12/30

 86,600字。

 小説のクライマックスに夢オチという手法がある。今までの破天荒なストーリーは全て夢だったという締め方だ。

 ターンワールドはタクヤが異世界へ行く話で、クライマックスは夢オチのような終わりかたをする予定になっている。でも夢じゃないと言い切れるのは、タクヤが異世界に来たときに元の世界が頭の中にあって強烈な違和感を感じているからだ。もし仮にそれが夢ならそのまま異世界で何の詰まりなく行動を起こすはずだ。

 ちなみに異世界に来た初めに主人公のタクヤが夢を見て目が覚めるという描写を入れて、ターンワールドが夢であることの否定が入っている。

ターンワールド 進捗状況vol.3 2015/1/6

 92,197字。

 去年から新しい登場人物が出てきたのだが名前がまだ決まっていなかった。いつだって名前は書く直前まで決まらない。子供が生まれると命名でうんうんうなるそうだが、たぶんそれと同じだろう。画数は気にしないが響きにはとても悩む。

 その点で考えるとキラキラネームって響きが良い。そもそも日本語は書く事を前提にした言葉という説がある。同音異義語が多く、漢字で見れば一目瞭然なのに『はし』と言葉だけ聞くと『橋』か『端』か『箸』か分からない。

 その点欧米圏の言葉は話すことが前提なので同音異義語は少ないそうだ。また話すことが前提なら口に出したときの響きも当然心地よい方向に進化したはずで、日本の歌に何故か英語が入ってくるのも偶然ではなく歌うときの響きを重視してのはずだ。 

ターンワールド 進捗状況vol.4 2015/1/14

 108,049字

 家に帰ったら早く続きを書かなきゃと思っていると、家とは反対方向にハンドルを向けていた。

 ずっと走り続けて県境を越えて香川県へ、まんのう公園で池を見たかったが夜に一人で行くのもおかしいのでやめた。 でも突然こんなところまで車を走らせるのも変だ。時計を見て、帰ったらもう飯食って寝るだけだなと思うとUターンして帰ってきた。

 よっぽど書きたくなかったんだろう。大きく場面転換があるところだから、下手なコンディションで書きたくなかった。

ターンワールド 進捗状況vol.5 2015/1/20

132,549字

 今まで書いてきた部分とこれから先につながる部分で書いていて一番手応えのある部分。でもペースは早くならない。最近、一生終わらないんじゃないかと思う。書き始めた時は16万字で書く予定だったが、あと3万字では絶対に終わりそうにない。

書いている間に物語が勝手に育って、どんどん話がふくらんでいく。一体いつ書き終わるのか、作者にも見えない。

ターンワールド 進捗状況vol.6 2015/1/27

151,210字。

 イスラムの国に捕まった人質二人が気になってあんまり書けなかった。

 今書いているところがうまく繋がらないなとけっこう前から悩んでいた。

 ざっくり言うと本来は女→年上の女→猫 の順番。

 いっそのこと、猫と年上の女は消そうかと考えたが、そうすると今度は物足りない。八方塞がりのどん詰まりに陥っていたが、プロットの前後を逆転をすれば全てうまくいくと気付いた。猫→年上の女→女と書き直すと元々こういう話だったのではないかと思えるほど完璧になった。

 プロットを見ると一生終わらないんじゃないかとやっぱり不安になった。ゴールはまだまだ見えない。自分の物語に押し潰されそうになる。でもやっぱりこの話は自分にしか書けないし、自分で書かなければ意味がない。

ターンワールド 進捗状況vol.7 2015/2/3

 171,000字。

 とうとう人質二人が殺されてしまった。
 
 この事件で思ったのはテロリストも殺すときには強い理由を必要とするらしい。 処刑のような形で人を殺すのはやっぱり気が引けるらしい。それぐらいの人の心があるようだ。 ジハーディージョンは後藤さんが死ぬのは安倍総理がどうのと言っていたが、後藤さんが死んだのはどう考えたってイスラムの国のせいである。

ターンワールド 進捗状況.vol8 2105/2/10

 198,149字ぐらい。

 やっと大きな山を1つ越えた。プロット通りに書ければ23万字で終わる予定。しかしその通りにならない可能性もある。というかその予感を感じている。

ターンワールド 進捗状況.vol9 2015/2/23

 223,336字。

 別段驚きもしないが23万で収まらない。ここを越えたら小さい山が二つ。気合いは充分、頭も冴えている。

 一週間前と比べたら確実に進んでいるのは分かる。一区切りついた場所なのでマウスをくるくる回して画面をスクロールさせると、おおだいぶ書いたなと実感する。読めば一時間はかかりそうな文量だ。あとでこれを推敲するのかと思うと気が重い。

ターンワールド 進捗状況.vol10 2015/3/3

 242,000字ぐらい。

 調子が悪いんじゃなくて苦手な場所を書いている。それにしても本当に進まない。死ぬんじゃないかと思う。でもここを書ききればかなり楽になるのはわかっている。油断せずに食らいついていきたい。

ターンワールド 進捗状況vol.11 2015/3/10

 256,392字。

 今週はほとんど書けなかった。昨日なんて200字だけ。

 今日も書けそうにないので雑感帳を書いていると、そろそろ雑感帳の方でも筆が鈍り始めたので仮説パソコンへ向かうと普通に書けたのは面白かった。

 二年前は豆を食えば書けるようになると思い込んで、半年かけて間違いに気付いたこともある。もしかすると今日のはたまたまかもしれない。こういう日は今まで無かったわけではない。

ターンワールド 進捗状況.vol12 2015/3/17

 269,978字。

 やっと最後から3番目のパートまで来た。一度没にしたプロットを復活させることもあったが着実に進んでいる。

ターンワールド 進捗状況.vol13 2015/3/24

 284,658字。

 最後のパートまできた。もう半年も書いているんだと感慨深いものがある。終わらせるのが寂しい。

 今まで書いた分をAmazonにアップロードしてプレビューファイルをダウンロードした。アラはたくさん見つかるが少しずつ読んでいる。

 ターンワールドは土のにおいがしない。火星だと不毛の砂が象徴的だったし、高崎望だと父親と毎年行く山の中がある。猫では真論君家を構成する芋と野菜の畑や裏山がある。もちろんターンワールドの主人公は地面を歩いているのだが、におうのは川や海や雨だったりする。

ターンワールド 進捗状況.vol14

 294,536字。

 一応最後まで書いた。創作ノートを書き始めてから半年経っている。ここからどこまでやれるか。
 先週はプレビューファイルを読んでいたが、最初から読むのは今回が初めて。前半はほとんど覚えていなかったが、読めばすぐに思い出すことができた。

 ターンワールドは一回読むのにかなり時間がかかりそうだ。1、2ヶ月かけて読むような本だ。体が二つあれば良いのにな。

ターンワールド 進捗状況.vol15 2015/3/31

 88%まで改稿(1/3)

 ちっとも改稿が進まない。今日は7000字分改稿するのに2時間もかかった。


 ふる雨は あとなく晴れて のどかにも
  ひかげさしそう 山桜かな

 先週初稿が書けたので、お詣りのついでにおみくじを引いてきた。上の文はそこに書いてあった和歌。大吉。高崎望から小吉→中吉ときたので(中吉は小吉より悪いらしい)、次は凶かなと思っていたし、改稿がなかなか進まないので、大吉なんか引くとホンマかいなと思ってしまう。

ターンワールド 進捗状況.vol16 2015/4/7

 60%(2/3)

 二週周目になると結構楽になってきたので、表紙作成を平行してやっている。今回は上下巻と上下合冊の3冊分。

 頭の中にぼんやりと全体像はあるが形にはできない。やればやるほどドツボに嵌まっていくような気がする。

 思うに、美術の授業を適当な絵でごまかしてきた人間が精緻な線、配色、デザインを描くなんて土台無理。もし他の同じ人種が同じことをやろうとしていたのなら、馬鹿はやめろと助言するだろう。

 いっそ文字だけにしようかな。いや、それこそセンスが問われるような気がする。ただ並べているだけじゃないから。

 でも時間はまだある。明日は図書館で美術の本を借りてこよう。

 以下最近作った表紙3枚。


blog cover 上 1
blog cover 下
blog cover 上下2

ターンワールド 進捗状況.vol17 2015/4/14

 15%(3/3)

 改稿三周目になると削るところは少なくなって、大胆に加筆するところが出てきた。そういう部分は、実質改稿一周目なわけで、そこだけ削って、足して、入れ替えてを繰り返すと、やはり三回目でそこそこの物に仕上がるようだ。

 進捗状況は今回か次を最終回にしたい。できれば日曜日には完成稿をAmazonに送信したい。 

ターンワールド 進捗状況.vol18 2015/4/21

 82%(3/3)
 たぶん今日が最終回。明日には完成する。上巻はもう出版するのボタンを押すだけでいい。後は下巻だけ。今日はこれだけ書いて、明日か明後日にまた書きます。
 

『ターンワールド』をリリース 2015/4/23

 『ターンワールド』をリリースしました。




牛野小雪の小説はこちらから↓
牛野小説の小説 in キンドルストア