愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

2019年06月

J・Kを雇う

バイト11
おい、牛野。最近ブログの更新をサボってないか?
usino
ツイッターもブログの一種らしいですよ
バイト14
それすらも週1じゃねえか。
usino
うっ、わりと更新してる方だもん。
それにブログ記事はツイッターと違って検索流入が・・・・
バイト12
特化ブログでもないのに検索流入あるわけないだろ。
一週間のPVが三桁もないのによくそんなことが言えるな
usino
そんなこと言ってるとリストラしちゃうぞ
バイト9
おう、やってみろ
usino
人材派遣会社からいくらでも人は雇えるんだぞ
バイト5
どうせろくな奴こね~よ
usino
もしもし人材派遣屋さんですか?
ノルウェイの人
印象的な美人で明るい子がいますよ
usino
まだ何も言ってないですよ
ノルウェイの人
情報収集も仕事のうちですから
usino
(すごいなぁ。きっとここならスーパー人材を提供してくれるに違いない。これでアルファブログ間違いなし)
usino
じゃあその人を派遣してください
バイト8
ば~か


80-50 2
おはようございます。
こちらは牛野さんのブログですか?
J・K・マックフィールドです。
よろしくお願いします。
バイト3
(こ、これは・・・・好みの分かれる顔だな・・・・)
usino
う、美しい・・・・
バイト14
(マジか。眼球歪んでるんじゃないか)
usino
タスマくん。私には分かる。
J・Kちゃんは天下を取れる逸材だ。
バイト4
お前がいいんなら俺は別に良いんだよ
usino
J・kちゃん、これからよろしく
バイト14
俺はバイトで助手のニア・タスマだぜ
80-50 2
はい、色々とお世話になります。先輩。
バイト11
(いい子じゃねえか。しかも先輩・・・・いい響きだぜ)
バイト1
分かんないことがあれば何でも俺に訊きなよ
80-50 2
はい、さっそくですが、ここはどういうブログなんですか?
usino
・・・・・・・・・・・・・・・・
バイト14
・・・・・・・・・・・・・・・
80-50 2
・・・・・・・・・・・・・・・
usino
分かんない・・・・・・
バイト8
目的なんてないんだよ。こいつと一緒で中身が空っぽなんだ
usino
そんなことないと思うけどなぁ
バイト5
空白期間が全てを物語ってるよ
80-50 2
そんなことないでしょう。みんなで何かネタを探しましょう
usino
(やっぱりいい子だ)
バイト8
かわいいやつ

道化を取り入れようとする

80-50 2
牛野さん、この一ヶ月何をされていたんですか?
usino
え~と、これといって何かしたような記憶はないなぁ
80-50 2
そんなことないでしょう。眠って過ごしたわけなじゃいんだから。
何か書いたとか、読んだとかあるんじゃないですか?
usino
あ、そうだ。シェイクスピアを何冊か集中的に読んだ
80-50 2
シェイクスピア。素晴らしいですね。
でもどうして集中的に?
usino
道化がどんなことをしているか調べたくて
バイト8
お前の存在自体が道化だよ
80-50 2
なぜ道化なんですか?
usino
小説をかき回すような存在が欲しくて、ふとシェイクスピアに出てくる道化みたいなものをパク取り入れられないかと読んでみた。
バイト14
オリジナリティがないやつだぜ
80-50 2
技術を盗むのは当たり前じゃないですか。
そうやって積み重ねていくんです
usino
いやいや、とても盗めるようなものじゃなかったよ。
シェイクスピアの道化はシェイクスピアにしか書けない。
彼に影響を受けたゲーテだって、ああいうトリックスターは書けなかった。
バイト14
要はパクれなかったってことだろ
ゲーテを引き合いに出してんじゃね~よ
80-50 2
ゲーテが無理なら牛野さんも無理ですよ
usino
さらっとひどいこと言ってない?
80-50 2
パクれなくても牛野さんなら面白いものを書けます
usino
違うんだよ。
欲しいのは笑いじゃなくてトリックスターなんだよ。世界をかき混ぜるような
バイト4
あんまり高望みしてると、ひっくり返って地面に頭打つぞ
80-50 2
あっ、それ面白いですね。ちょっといいかも
usino
(あれっ、やっぱりひどくない?)

狼の群れが獲物を得られずに立ち去る

80-50 2
牛野さん、他にも本を読んでいるんじゃないんですか?
何かを得ようと集中的に。
usino
そういえば狼の本を読み漁ったっけ。どれも白水社という出版社から出ていて探すのが簡単だった。
80-50 2
どうして狼の本を?
usino
今度書こうと思っていたのは主人公の私がいて、チームのリーダーがいて、年上、年下がいて、そんなチームが一個の物語を進んでいくというプロットで、狼の群れから学んだことを人間の群れ、つまり人間関係に活かそうとしていたんだけど・・・・
バイト9
狼と人間は違うだろうよ
usino
いやいや、なかなか狼にも情があるものですよ。言葉じゃなくて噛み付いたりしますけど
80-50 2
狼ってかっこいいですよね
usino
それを小説に活かそうとしたんですけどね。
usino
プロットを書いているうちに登場人物画がみんないなくなったから狼の群れのことも関係なくなったわけで、二週間ぐらい棒に振っちゃったわけです。
バイト8
時間の食いすぎだよな
usino
そのくせなかなか太ってくれない。ダイエットが好きみたいで
80-50 2
食べてないのに体重が増える時ってありますよね
usino

バイト8
どっさり出しても減らないのは不思議だよな
80-50 2
たしかに!
usino
みんな・・・・いったい何の話をしているんだ・・・・・?

環境破壊

80-50 2
結局牛野さんは小説を書こうとしているんですよね。
今月は何字くらい書けたんですか?
usino
ひ・・・・一文字も書いていない・・・・・
バイト6
小説は地面から勝手に生えてくるもんじゃねえぞ
usino
小説以外は書いたんですよ。
プロットライン引いたり、ノートに仮書きしたり、雑感帳つけたり
バイト1
そんなことするより、小説書いちまった方が良くねえか
usino
ビーバーより臆病だから、確実に書ける準備が整うまでノートを書き続ける。
80-50 2
その小説以外はどれくらい書かれたんですか?
usino
う~ん、紙に書いているから正確な字数は分からないけど
バイト4
環境破壊だな
usino
1ページ1000字とするなら、もう6万字は書いてることになる。
80-50 2
え~、中編ならもう書き終わってる感じじゃないですか
usino
まったくそうなんだよ。
数えてみてから自分でもびっくりしたよ。
毎日書けない書けないと思っていたけど、ちりも積もれば山となるで、いつの間にかこんなにも書いてしまった。
バイト1
ビーバーより環境破壊してるぜ
80-50 2
それって誤解みたいですよ。むしろ川辺を豊かにしているんだとか
usino
書けば書くほど臆病になっていくみたいで、書く前に書くことが年々多くなっていく。
去年から書いていた山桜なんかは書き捨てた方が多いぐらい。
今回もたぶんそうなりそう。
バイト5
この調子だと一冊書くのに一年かかりそうだな
usino
むしろそれぐらいの覚悟を持って書き始めたから、まだ2ヶ月という考え方もある。
今回も1日2000字くらいのペースで書けるなら、書き始めるのにはまだ早い。
バイト4
そんなに書いているんなら、大作になりそうだな
usino
いや~、それが上の狼の話みたいに書き捨てているものが多すぎるから、実際書くときに役に立つのは2000字くらいかもしれない
バイト8
やっぱり環境破壊だよ
80-50 2
空白が残ったノートってたくさん溜まりますよね
usino
再利用しなきゃね。
で、高校の頃のノートが出てきて、先生の赤ペンのコメントを見て、じ~んと来ちゃったり
バイト5
本当に書いてんのかよ。一年なんてあっという間だぞ。
80-50 2
光陰矢の如し
usino
春眠暁をおぼえず
バイト8
惰眠をむさぼるもの久しからずだぞ。
それに春は終わった。
書けよ。ただでさえ、お前は遅いんだから。
ブログでちゅんちゅん啼いてる暇はねえんだよ
usino
ひどい
80-50 2
こわい
80-50 2
牛野さん、自分のペースでがんばってください。
焦ってもいいことなんてありませんよ。
usino
うん、一歩一歩焦らず急がずがんばってみるよ
バイト4
おいおい、寝かせたままだと眠ったままだぞ、こいつは。
尻を叩いてやらなきゃ何もやりやしねえ
80-50 2
(これだけ媚を売っておけば契約も更新されるはず)
usino
(ああ、なんていい子なんだろう)
バイト5
(ば~か)

(おわり)

抽象あゆみ4


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪
このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月に『生存回路』という題名の小説をリリースしたが、しばらくブログもツイッターも更新しなかったので「生きていますか」というタイトルのメールをもらった。4年ぐらい前にも同じようなメールをもらった。そういえばあの頃からブログを書くようになったのだと思い出した。生存報告をするために今日はちょっと書いてみることにした。

 来年の4月1日に『山桜』という小説を出すつもりで、それまでは『難聴製造機』という短編を出すぐらいで、小説のリリースは無しにする予定だ。かなり時間のマージンを取ったので、手広くやろうと
5月は色んな本を読んだが、本当に手広すぎて何にも物にならなかったという事態が発生した。何らかの方向性がないとダメだと、一つ決め打ちをしたら予想外の方向に伸びて、もしかしたら長編になるかもしれないと注力することにした。輪郭はもう捉えている。仮題は『流星を打ち砕け』だ。『世界が終わる日~人生最悪の48日間~』というアイデアもあったが、世界が終わらないのでボツになった。

 オペラント条件付けという心理学の手法がある。俗にいう飴と鞭だ。小説が4000字以上書けたり、ノートかプロットを4ページ以上書けた日は近くにある自動販売機でジュースを買うことにしている。正の条件付けだ。しかし、目標の分だけ書ける日は少ないので、この行動は強化されていない。

 そろそろプロットラインを書く頃だという予感はあるけれど、書き出せない。たぶん失敗することを恐れているのだ。そしてそれはたぶん正しい。私はプロットラインを書き切れない。こういうのは何回も引き直しながら完成させる物で、書ききれなかったところから、また新しい切り口を発見しながら書いていくものだ。最初の一回でプロットを引けたことなんて今まで一度も無い。しかし、それは理屈で、感情では失敗することが分かっているから一歩踏み出せずにいる。

 というのを雑感帳を書いていて気付いた。それならルールを変えればいい。プロットの完成を目的にするのではなく、失敗することをゴールにする。それでチャレンジを恐れないようになる。何度でもトライできるようになる。

 という自己啓発書みたいなアプローチも失敗する。

 結局はいつものように失敗を受け止められるようになるまで、心の余裕ができるのを待つしかないのかとも考えたが、そこでふと上のオペラント条件付けを使えないかと思い、全然書けなかった日に自動販売機でジュースを買って飲んだ。いやいや、失敗に報酬を与えるとダメなるのではないかと思われるだろう。もちろんダメだった。次の日もプロットラインを引けなかった。

 書けない原因は失敗するからではなく、失敗を予想するところにあると私は考えた。失敗→ジュースではダメで、失敗=ジュースでなければならない。パブロフの犬だってベルでよだれを垂らす。というわけで私はプロットを書く前に、今日はプロットラインを引き切れなくてジュースを飲むという想像をした。冷たく甘い感覚が口の中を通っていくイメージをする。すると、その日はプロットラインを引けた。次の日は、もっとうまく引けた。こうして先週は全体のプロットラインを4回も引けた。未だにプロットは書き切れていないが、書き始める前のプロットラインとしては今までで一番引き直した数が多い。しかも1週間で4回も引いたのは初めて。前代未聞の大快挙からして、たぶんこのアプローチは間違っていない。

 失敗予期にジュースを飲むところをイメージすれば、ジュースは飲まなくてもいいのではないかと予想したが、一度だけで効果がなくなった。あるいはたまたまその日が書けない日だったのかもしれないが、たぶん学習したのだろう。『妄想に騙されるな』と。やっぱり失敗にはジュースが必要だ。自分に嘘をつけるのは一度だけ。
名称未設定 1

(おわり)

追記:プロットの穴を突きつけられると、やっぱりまだ足りないところがあるのだと分かる。今週はその穴を埋めるために狼の群れの本を読み狂いしよう(よみぐるい しよう)。

追記:なぜ報酬がジュースなのか。甘さは確実に効果があるから。現代人に肥満の悩みが尽きないのが、その証拠だ。最初はチュッパチャップスだったが、よだれでべろべろになった棒がゴミ箱にたまるのが嫌だからジュースにした。でもチュッパチャップスでも大丈夫だろう。

追記:たぶん書けたことに報酬を与えても正のフィードバックはない。夏目先生も毎月たくさん給金を貰っても書けないものが書けるようにはならないと言ってたし、私もそう思う。2兆円くれても、いま胸の中にあるものを書けるとは思えない。お金に目がくらんで「これが正真正銘偽りのない私の小説でございます」とごまかすかもしれないけど。
 一度だけなら許される?

牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ