愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

2017年12月

 グッドライフ高崎望の改稿はそろそろ終わり。この頃は下手なりに色々工夫していて面白い。 主人公の望の変化は髪型に象徴されているのだけれど、それが唐突にならないように何度も髪の毛についての言及があったり、窓から飛び降りる前に窓の描写が前章から何度も出たり、 ...

 グッドライフ高崎望でプロットの作り方を変えたので、冒頭は特に記憶に残っている。 それまでは学校の教科書で習ったとおりの起承転結できっちり書いていたのだけれど、それだとどうも間延びしているような気がしていた。前作の蒲生田岬はかなり手応えがあったけれど、転 ...

 プルルルルル、プルルルルル ガチャ やあ、久しぶり。元気にしてたかい。 この前君がKDPにwordファイルを上げていて、奇妙な現象に悩まされていると小耳に挟んだんで。ちょっと電話したんだ。実は僕もあれには悩まされていたんだ。もし良かったら聞いてくれ。ほんの5分 ...

 ドアノッカーの改稿が終わると、ブラッドエグゼキューションがちょろっと読まれていたのでそっちを先に改稿することした。2万字強なので数日で終わってくれた。その次は蒲生田岬へ。 やっぱり今年書いた物だとドアノッカーと比べて全然違うと感じた。改稿の手応えもかな ...

オオカミとクラス哲学者の本に(α)アルファオスと(ω)オメガオスのことについて書いてあった。オオカミとはいえ同じオスのことなので熱心に読んでしまった。アルファオスとは群れを率いているリーダーのことで分かりやすく言えばボス、親分みたいなものである。対してオ ...

前日譚→あの日見た大人に僕はなれない。 私が思春期並に人生について悩んでいると、一人の男が目の前に立ち塞がった。「HEY! YOU! 悩んでいるようだね!」「宗教の方ですか?」あまりに変な恰好をしているので、私はそう尋ねた。「NO! 俺はO-KING! HEARTのBEATでWALKIN ...

このKindle本を読め!王木亡一朗強化週間『ライフゲージ』心身共にうんたらという言葉がある。困憊でもいいし、爽快でもいい。 そこに至るまでに心と身体が一緒に困憊したり、爽快になることは少ないように思われる。国道の端から端まで走れば、まず体が困憊して、それに ...

↑このページのトップヘ