愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

2016年11月

 昨日Eテレで中上健次の特集をしていた。彼が『岬』を書いたのは30の頃だと知って、非常に驚いた。『枯木灘』は31だ。私も今31になっているんだけど、31であれ書けるなんてアンタおかしいよって言いたくなる。なんていうか昔の人って若い頃から、凄い大人っぽい。い ...

 KDPのロイヤリティはKindle unlimitedが始まってから横ばい。今月も先月と同じくらい読まれそうだ。 今月『エバーホワイト』を出すと今まで読まれていた『幽霊になった私』が読まれなくなった。 『幽霊になった私』の人気が落ちたのではないとするのなら、私の本を読んだ ...

 最近の作家はそうでもないようだが、昔の作家は短編が多い。芥川なんかは短編ばっかりだ。しかし夏目先生は最初から猫の大長編を書き上げている。続けて書いた坊っちゃんもそこそこある。短編は少ない。でもないわけじゃない。初期の頃は何年か書いている時期があった。  ...

 エバーホワイトを出してしまったのでやることがない。 今まで執筆していた時間がぽっかり空いたが、特に何もする気がしない。  ああそうだ。本を読むぐらいか。でも不思議なことに、執筆中の方が意外に本が読めるものだ。たくさん書いた時ほど(書ける時ほど)、たくさ ...

 前評判では村上春樹(敬称略)が今度こそ取ると騒がれていたが、2016年のノーベル文学賞はボブ・ディランが取った。  何故今さらこんな話をするのか。このニュースが流れていた時、私は『エバーホワイト』を執筆中だったので思うところはあっても書く気になれなかった ...

エバーホワイトの配信が開始されました以下はAmazonの内容紹介です かつては東京のある会で表彰されるほど優秀だった正文は落ちぶれようとしていた。そんな時彼は肉体労働に従事している長谷川さんと出会う。彼女はかつての同級生で、何故か忘れられない存在だった。 正文 ...

キンドルアンリミテッド、オーナーライブラリーで読めます。エバーホワイト (牛野小雪season2) [Kindle版]牛野小雪2016-11-10かつては東京のある会で表彰されるほど優秀だった正文は落ちぶれようとしていた。そんな時彼は肉体労働に従事している長谷川さんと出会う。二人の共 ...

↑このページのトップヘ