愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

2016年03月

下の文字列をメモ帳に保存して、ルビを振りたい時に使っている。<rb></rb>で挟んだところにルビを振りたい文字、<rt></rt>で挟んだところにルビ。他のところは気にしないで大丈夫。私もしていない。<ruby><rb>〇〇</rb> ←ルビを振りたい文字<rp>(</rp><rt> ...

今書いているものの関係で意識とか、心とか、幽霊とか、その辺の本ばっかり読んでいる。前から気になっていたんだけど、ちょうど99円セールだったので即買した。意識については過去に一度ブログに書いていて、意識とは宇宙に対するロックンロールという内容だ。 ...

作家といえど作中の人間を勝手に殺すことはできない。○○は死んだ。おわり。みたいにはできないもので、彼らは作家に対して抵抗を試みる。  作家から書く意欲を失くしてみたり、物語自体をつまらないと思わせたり、突然部屋の掃除をさせたり、財布に溜まったレシートの整理、預金通帳の記帳、車両保険の払込み、まだ見ていない映画のことを思い出させ、人生に対する大いなる不安を抱かせ、この先一生書くことすら無理なように思わせる。彼らも必死なのでなりふり構ってはいられないのだ。 ...

ヘリベさんの悪魔とドライブは何人かが目を通して修正されているそうだが、コーフィー(それと私)と淡波さんは本当に目を通しただけで終わった。コーフィーはCRAZY SISTER(電書猫のサイトにある→この小説の作者は誰にゃん?「CRAZY SISTER」 | 電書猫)、淡波さんは光を纏う女。私はてっきりあれで終わりなのかなと思っていたんだけど、他に短編が2つ付いていると知ったので一応読んでみた。すると、あれから続きを書いていたのでちょっとびっくりした。でも、いつもの淡波さんだったという印象。最初の流れのまま書いていたら、本当に違うものになったと思う。やっぱり作家特有の書き方はなかなか変えられるものではないのかもしれない(変える必要もないかも)。 ...

実際の話じゃなくて小説の話。今書いているところで人ひとり殺さなければならなくなったんだけど筆はピタリと止まってしまった。筆力はまだあるのを感じるけれど気力が出てこない。  話の内容的には殺されるんじゃなくて死ぬわけだが、作家が文章を書いて殺さなければ相手は死んでくれないわけで、死んでくれないと話が進んでくれない。だからずっと止まっている。殺すのは人どころか猫でも難しい。真論君家の猫でもずいぶん筆が止まった。ある種の狂気がなければ人(猫)は殺せないようだ。 ...

よう、俺だ。ヘリマルだ。いきなりであれだが、おまえら、もし仙台で働くような事があれば隙間社だけはやめておけ。第一印象は恐らく“怪しい”だろうが、事実それは正しい。本当に怪しい会社だ。真っ当な顔をして実は……という事がないので、ある意味良心的かもしれない。時々何を血迷ったか、まだ若い真面目そうな奴が入ろうとしてくるが、お引取願っている。なにせ若さには未来があるからな。俺達だってそれぐらいの良心は持っている。悪い事は言わない。仙台で働くならまずは白昼社へ行け。仙台の会社を10+1社渡り歩いた俺が言うんだから間違いない。あそこは良心的だ。給料も良いし、定時で帰れる。俺だってチャンスがあれば入りたい。 ...

タマコとマサモリはスキー場に来ていた。マサモリは何度か滑った事があるが、タマコは初めてで、初日は彼に付きっきりで滑り方を見てもらった。最初は滑ろうと思えば止まり、止まろうと思えば滑る有様だったが、一度ロッジに戻ってカレーを食べると、何故か滑る事ができるようになった。 “最初でそれだけ滑られるのなら才能があるよ”とマサモリは言った。  ここへは三日の予定で部屋を取っている。 次の日は難しいコースに誘われたが、何でもないように滑る事ができた。むしろ雪面が荒れていなかったので簡単だったような気もする。 ...

↑このページのトップヘ