カフェイン断ちをした件について


群像新人賞を出した後にショートショートを二つ書いて、これまたどこかのコンテストに出した。月一であるので今月も出すつもりだ。原稿はもうある。

 

10月から新しく書き始めるつもりだったが、こんな事をしている間にもう11月になってしまった。やっぱり今年中にもう一つと言うのは無理だろう。まぁでも誰に頼まれているわけでもなし、締め切りもないので別に良いのである。

 

“別に良いのである。”のついでにカフェイン断ちをしようと思い立った。

 

かく言う私はコーヒーのヘビードリンカーで暇さえあればコーヒーを飲んでいる。これが無ければ一日千字も書けない気がする。しかし、ネットの情報でカフェインは短期的にはプラスに働くが、長期的にはマイナスになるらしい。その結果最初はプラスの効果があったものが、マイナスをゼロに戻すようにするためにカフェインを飲むようになるのだとか。アデノシン受容体がどうの~、自律神経がどうの~、とあるのだが気になる人は調べてみて欲しい。

 

さて、いざカフェイン断ちしようとすると何を飲めば良いのだろうかと悩んだ。いやいや、飲まなければいいとも思うけれど、そういうわけにはいかない。昔から“下戸が建てた蔵は無し”というように、コーヒーをやめたからといって何もしないわけにはいかない。人は必ず何かに依存しなければ生きていけないのだ。

 

実は前にカフェイン断ちをした時にハーブティーを試したのだが、これは性に合わなくてコーヒーに舞い戻った。それなら別の物にしようとスーパーの茶葉コーナーで色々物色していると杜仲茶なる物を見つけた。ご親切にカフェイン無しで優しく飲めると書いてある。500円もして高いなぁと思ったけれど、大量に煮出して作っておけばトントンかなと思い返して結局それにした。

 

帰って早速杜仲茶を淹れてみる。何だかゴムの木のにおいがする。Wikipediaで調べると天然ゴムの材料になると本当に書いてある。70年代に一度ブームがあったそうな。味は濃くて良い感じだ。これならコーヒーの代わりになるかもしれない。

 

初日はこれだけを飲んで過ごした。離脱症状がどうのと心配だったが何の問題も無く過ごす。もしかするとカフェイン中毒では無かったのではないかと勘違いした。
 

翌日、頭痛で目が覚めた。頭が二割増で大きくなったような気分がするが、触ってみても鏡で見ても大きさは同じ。視覚でも触覚でも、自意識とのズレがあって変な気分がした。それに何にもやる気が起きない。吐き気もするのでお茶漬けだけをさらさら食べた。その後はずっと布団の中で横になっていた。気持ちは超がつくほど落ち込んでいて、太陽の光が暴力的にまぶしく感じられた。さようなら世界、こんにちは地底世界。私はカーテンを閉めて頭から毛布を被った。このまま動かずに布団の中で死ぬのだろうとか他にも色々暗いことを考えながら日を過ごす。

 

いつまで経っても元気が出ないので夕方にオロナミンCを景気付けに飲むと、半時間ほどした辺りで元気がもりもり湧いてきた。布団からも出られるようになる。オロナミンCすごい! もしかして麻薬でも入っているんじゃないかとラベルの裏を見ると、入っていたのはカフェインだった。

 

なるほど。実を言うとこの時まで今日のこの症状がカフェインの離脱症状だとは毛ほども考えなかった。この時になってようやく私は紛うことなきカフェイン中毒であり、ヤク中が禁断症状で苦しむかのようにカフェインの離脱症状に陥っていたのだと気付かされた。

 

カフェインを飲めばつらいのが収まると分かると、またコーヒーが飲みたくなった。あの気分の落ち込みを味わわないで済むのだと考えるとどうしても飲みたくなる。まるでヤク中だ。だが、同時にこのつらい症状もコーヒーを飲めば収まるのだと分かると多少の症状は耐えられるような気がした。いざという時の命綱みたいなものだ。それが心の支えになったのか、三日目も気分の落ち込みと吐き気があったがギリギリのところで踏み止まる事ができた。四日目になるとかなり楽になる。離脱症状も気配を感じる程度の遠いものになった。あと夜11時にはさてそろそろ寝ようかなとなる。朝はその分早く起きるようになった。

 

朝日を浴びると良いと読んだので、早起きするようになったついでに毎朝日光浴を15分することを日課にした。寒い。でもプラセボかもしれないが、これはけっこう効く。もしかすると小学生が元気なのは毎日日光を浴びながら登校しているからかもしれない。いや、これは大人も一緒か。でも、登下校の時間に加えて休み時間や体育の時間があって、彼らは日光を浴びる時間に事欠かない。もしかすると日光を浴びながら執筆するとずっと書き続けられたりするのだろうか? まさかね。

 

無いものと思えばコーヒー断ちをしても案外いけるものだ。一週間が過ぎるとかなりマシになった。効果のほどはまだ知れないが、朝はすっきりした気分で目が覚める。昼間以降はまだ危なげなところがあるが、これが毎朝続くなら一生続けたって良いぐらいだ。

 

子どもの頃はコーヒーなんて飲めなかった。ブラックなんて言わずもがな。このままカフェイン断ちをしていれば10歳の子供ぐらい元気もりもりになれるのだろうか。それで考えればチョコぐらいは食べても良いような気がする。コアラのマーチ、チョコボール、トッポetc. でも今のところはカフェインゼロ生活で様子を見てみようと思っています。
 

それではさようなら。

 

(2015年11月6日 牛野小雪が記す)


↓牛野小雪の小説はこちらから↓
牛野小説の小説一覧

続きを読む