愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

2014年06月

元の記事
高崎望の創作ノート
http://blog.livedoor.jp/cowfieldtinysnow123/archives/8078174.html

1.2章(二年生 愛梨マイラヴ)全体を書き直した案
BlogPaint

2.2章の起。この時になってやっと舞が出てくる。一応舞のような存在は想定されていたが、物語に絡んでくる人物ではなかった。愛梨の性格は舞と愛梨を足したものだったが、一人の人間に納められないと感じたので2人に分割。その結果望、透、愛梨、舞の四角関係が出来上がる。2章では望と愛梨、透と舞が付き合うようになる。どうしてそうなったのかは作中では明かされていない。問題は望の心情なのだから、それが分からなくても楽しめるようには書いたが、気になった人は中央に書かれている『冗談の中に真実を』という言葉が謎を解く鍵。
BlogPaint

3.承。透と河川敷で決闘をした後に望が愛梨に振られる。
2014-06-13-172315

4.2章後半をもう一度書き直し
2014-06-13-172351

転の部分がない。


5.2章の結。愛梨に振られてからの大団円へ。
2014-06-13-172407

6.3章
2014-06-13-172431

7.3章続き
3章ACT3

書き進める毎に初期案からは遠ざかった。そのたびに構成を書き直したので、結果的には別物となった。だからといって創作ノートを作ったのが無駄とは思わない。初期案があったからこそ、それを踏み台にして発想のジャンプを得られたのだと思っている。


8.何故途中からチラシの裏がきれいになってきたのか。それはこれがあるからだ!
BlogPaint
リアル雑感帳システム!これに書き込めばチラシの裏を紛失することなく後に読み返すこともできる。
軽い日記帳を兼ねているので中身は見せられないが、このシステムを採用してからはずいぶん考えがまとまる気がしている。

高崎望はかなりかっちりした作りだが反応はいまいち薄い。
時間の問題があるとはいえ一番出来が悪いと思っているドアノッカーが今までで一番反応が良くてツイッターやAmazonにもレビューがついた。いまもって納得がいかない。
きっと何か魔物が住んでいるんだろう。次はもっと別な物を書いてみたいと思っている。







このエントリーをはてなブックマークに追加

以下の物は実際にパソコンに向き合う時に脇に置いておく覚え書きみたいなもの。
チラシの裏や、コピー用紙の裏を使用した。

1.1章 起の構成を書く
2014-06-12-181550

左端にへなへなの斜め線で区切り別1と書いてある。この部分は序章の3年生 中学卒業? の部分。
右上に5000と書いてあるのは15000。1が細くて写っていないだけ。あの部分は独立した章ではなく、2000字ぐらいで流すはずが2万字を越えてしまったので独立の章とした。この時から初期の構成が崩れ始める。

2.上記の別1。右に15000?と書いてあるが、この時はどれだけ続くか自分でも想像がつかなかった。結局2万字を越える。この章を書き終わった頃から執筆をしながら全体の話を書き直し始める。
2014-06-12-182104

3.元々の1章起に戻ってくる。中間テストで赤点を取るところまで。小林くんの名字は小松だったが、何故か小林に変名。小松姓は愛梨になる。ちなみに愛梨は元々松本という姓だった。
2014-06-12-182117

4.1章の承。外道高校の不良に財布を取られて、警察も頼りにできないと知る場面。また赤髪との因縁が始まる部分でもある。また、ここでのシーンが2章の愛梨、3章の小林くんとの仲直りへの伏線がある忙しい場所。最後は井上さんがゲーセンのビルの階段踊り場で外道高校の不良を3人倒して終わり。
2014-06-12-181719

5.1章の転。井上さんのレクチャーから始まり、望がリーゼントとなり、ゲーセンのビルの階段踊り場で外道高校の不良3人を倒して終わり。
2014-06-12-181747

6.1章の結。赤髪と過去の精算から始まる。ここで上級生に丸坊主にされると脅されるシーンがあるが、これは後に3章で丸坊主にさせるのだが、その時に唐突な印象を与えないためである。同じ仕掛けは蒲生田岬の正人が2度後ろへこける描写と同じである。高崎望では同じ仕掛けがまだあるが奇特な人がいれば再読の時にでも探してみてほしい。すぐに見つかるのは最初の方にある。丸坊主の描写は1章内では望を追い込む仕掛けとして使われている。
2014-06-12-181805
中央下の○は外道高校の印。書きながら望が倒すごとにレを入れた。
右側にいっぱい書いてあるのはどうやって外道達の嘘を見抜くか必死で考えたあかし。
結局、論理的に嘘を見抜く方法を見つけられなかったので、上級生の漏らしたほんの些細な一言から偶然馬脚が現れるという方式にした。


チラシの裏 その2へ続く
高崎望の創作ノート チラシの裏篇 その2


このエントリーをはてなブックマークに追加

最近蒲生田岬の創作ノートの記事が伸びている。どうやら創作の道を迷う子羊がいるらしい。
しかしながら、自分自身が絶賛書き悩んでいる最中なので、こっちも他人の創作ノートを見たい気持ちだ。
まあ、かいより始めよとう言葉もあるし、創作ノートに一定の需要があるようなので高崎望の方も載せておくことにした。



1.全体の素案。二年生の題は当初 just give your kiss!  だったのが愛梨マイラヴに変更されている。ギザギザで囲まれているので当時はよっぽど固い決意があったと思われる。
2014-06-12-180705

この時点で
○小林君と透を望のシャドウとして書くこと
○外道高校にやられてリーゼントになること
○愛梨が彼女になる
○大学受験をすること
○毎年両親の結婚記念日と渓流釣り書くこと
は決定していた。
素案だけに相違点も多い。
この時点では井上さんの名前が黒川さんになっていて、2年生の時に学ランを継承することになっていた。裏地には曲がりくねった古木の梅に虎が伏せて唸っている絵が刺繍されている。3年生の不良をやめた時にこの学ランは封印されるが、大学受験の時に裏地を胸ポケットに入れて、勇気を得るという発想があった。ドラマチックな展開だが、3年間成長させた望にその描写を入れるとかえって軟弱に印象になりそうなので、実際には何も持たせずに文武大学へと行かせた。学ランの設定も没とした。


2.各章で書くことの確認。この時は3幕構成だった。左下は人物相関図。この時まだ舞は出てこない。
この頃はまだ望が不良の道へ振り切り、外道高校とゲーセンの覇権を取り合うという話だった。
その因縁で大学受験の時にもう一騒動ある予定だったが、それは没案とした。ゲーセンにはビリヤード室というゲーセン内でもさらに隔絶された場所があって、そこで2章の愛梨の場面を書こうとしたが、これも書く直前に煩雑すぎるということに気付いて没とした。
2014-06-12-180724

3.一章(一年生 喧嘩上等!)の構成を仮書き。このシーンにはどういう意味をもたせるかの確認。学ランのランはランダの略で洋服という意味らしい。
2014-06-12-180408

4.全体の構成を仮書き
2014-06-12-180425

5.上記のノートを元に1、2章の構成をまとめる
2014-06-12-180441
6.3章の構成をまとめる。右は各施設の大まかな地図。それと雑感。
愛梨が陸上部でくるぶしまでのソックスにシュッとしたシューズを履いているという文章を書きたかったようだ。予定より話が伸びたので部活の話は削った。
2014-06-12-180522


ノートはここまで。ブログデザインの関係上で画像右端が切れています。写りは悪いですが気になる人はクリックして別画面で開けば全てを見られます。

次はチラシの裏篇へ続きます。
高崎望の創作ノート チラシの裏篇 その1


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

kdp名鑑さんにショートショートを投稿しました。
題名は『一吸い百円億万長者』
ずいぶん俗っぽいです。内容もそうです。
植木鉢に『一吸い百円』と書いたら木に虫が来なくなった。
もうしばらくするとまた虫がたかりはじめた。
たかられた分だけ金運が廻ってきたというお話です。

KDP名鑑/一吸い百円億万長者
 http://kdp.jpn.org/?p=2697   

月狂さんの作品もあります。
KDP名鑑/こわすぎるじゆうけんきゅう
http://kdp.jpn.org/?p=2718
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ