胃の痛みが吹っ飛んだっていたら、20000字越えてもその場面が終わらず、その人も出続けたので、ずっと先生で通した登場人物がいる(その場面を書き終わった後に今さら名前を付けるのも変だと思ったので、そのままにした)。 序章が終わって、やっと1章に入ると、今度は小林 ...