次作のあらすじとプロットが完成した
2014/14

 やっとあらすじとプロットが完成した。蒲生田岬の反省点を踏まえて今回はいつもと違う練り方をしたので書ききれるかどうかちょっと自信がない。まあ毎回自信なんてないのだが今回は輪をかけて自信がない。原稿用紙十枚ぐらいなら途中で書けなくてもまあいいかと諦めもつくが、もし200枚ぐらいで詰まったらどうしようかと思う。でもまあ
用意してしまったものはしょうがない。他に書けそうな段階の物もないしここは書くしかないとあきらめよう。予定している字数だと今までの執筆スピードで130日かかる計算になるが、できればそれを30日にしたいとも思っている。というのも私なんかは小者なので他の人がどんな風にしているかが気になって仕方がない。それでツイッターやブログをよく見ているのだが、どうも私はKDP作家の中でかなり筆が遅い部類のようだ。1日2000字書ければ上出来なのに1時間に2000字書く人もいる。人に可能かどうかは別にして13万字書いたという猛者もいた(ただしこれは本人もビックリしていたようなので、普段はもっと遅いものと思う)。そういう例外は除いてざっと見ると概算では廻りと比べて5分の1ぐらい遅い。早く書ければ良いってもんじゃないけれど、執筆速度は野球でいうストレートの球速みたいなもので早く書ければ変化もつけやすい。1日2000字書けたとしても、もし蒲生田岬の一章を書き直すのに一週間かかる。だが一日4000字だと3日で書き直せる。これはかなりの強みだと思う。4000字書ける作家は2000字の作家と比べて一章を書き直すプレッシャーが半分なのである。というわけで今回の課題は執筆速度を今より上げる事と話自体の構成力を上げる事に決めた。まあ今の倍、60日ぐらいで書けたら僥倖だと思うが書きたいように書いていたら成長しない気がするので厳しいノルマを課してみた。もっともこれは自分だけのノルマで30日以内に書けなくても誰にも迷惑をかけないのがKDP の良いところ。もし他人が絡むなら一年ぐらい待ってくれというだろうなあ。まあ誰も一年も待ってくれないだろうけど・・・・私だって嫌だ。そう考えるとKDPって凄いシステムだなあ。6日から書き始めるとすれば2月5日に初稿が仕上がる予定か。ああ、人間やめないと絶対無理な気がしてきた。次作の予定は30~365日の予定になりそうです。


続きを読む