愚者空間

牛野小雪のサイトです。 小説の紹介や雑記を置いています。 あと短い話とか。

usino
どうも、牛野小雪です。
バイト8
助手のニア・タスマだぜ。
バイト6
おい、牛野。今月はどうしてたんだ。
usino
やっぱりずっと『流星を打ち砕け(仮題)』の仮書きをノートに書いてました。
10月もたぶん書いてることになりそうです。
バイト5
まったく時間泥棒だな。
この調子だと来年まで書いてたりして
usino
ま、一年かけて書くつもりだから、まだ折り返し地点じゃないから
バイト6
一年に一冊じゃ忘れられちまうな
溜めてあるの出しちまえよ
今ならちょうど『このセルフパブリッシングがすごい2020版』の投票日に合わせられるぞ
usino
心の平安が欲しい
バイト9
バカヤロー
小説家たるもの逃げ道を作ってどうする
常に捨て身で小説と向き合えよ
usino
はい、いきなりですが2020年このセルフパブリッシングがすごい!の絶対的中予報を開始しま~す!

バイト5
出せよ
usino
今年のトレンドはゾンビ!
間違いありません!
usino
アメドラはゾンビ!
アクションゲームもゾンビ!
USJだってハロウィンはゾンビ!
時代がゾンビを求めている!
これに気付かない人は地獄行き!

バイト5
ゾンビなんてあったか?
usino
何を言ってるんですか
今やゾンビカテゴリーは群雄割拠
つわもの揃いの激戦区ですよ
その中でも頭角を現してきたKDP三大ゾンビ小説が123フィニッシュするのはすでに確定事項
バイト1
そんなの初めて聞いたぞ
勝手にでっち上げてんじゃねえ
usino
はい、それではまず1位!

デン、デレレレレン!
usino
Dead end in アライブ: ゾンビランド決死行 
usino
ある島で発生したバイオハザードにより、島民達がゾンビ化した世界。
バイト11
その島でサバイバルして脱出するんだな
usino
やだなぁ。三大ゾンビ小説がそんなベタな展開なはずないじゃないですか
小説の舞台は生き残った島民が島を脱出したあとの世界
わけありの男女二人が、島に何かを求めてやってきたという話なんですよ
バイト13
内容紹介にあるおねショタってなによ
おねしょのことか
usino
おねえさんとショタ(少年)ということです。
バイト12
つまり極限状態で、二人は欲望のタガが外れてアダムとイブに・・・・・
usino
まぁ、それは読んでからのお楽しみということで
usino
ところでタフにゾンビの島で生きていくために必要なものって何だと思いますか?
バイト12
そりゃ棍棒とか、釘付きバットとか、そんな物だろうな
usino
表紙にもあるんですが、おねえさんの方はショットガンを持ってるんですよね
バイト14
あ、これってアメリカが舞台なのか
usino
日本ですよ。
でも、本当にタフに生きていくために必要なのはショットガンじゃない。
バイト14
じゃあなに?
usino
愛!
usino
おねショタとはそういうこと
バイト11
やっぱりアダムとイブになるんだな
usino
続きはぜひ君の目で確かめてくれ!
usino
それでは第2位!

デン、デレレレレン!
usino
おりーりー鳥は実在します?
バイト13
は?
usino
え?
バイト1
何がKDP三大ゾンビ小説だ。
ゾンビ出てこねえじゃねえか。
バイト8
ゾンビ出せコラァァーー!!!
usino
ニア・タスマくん落ち着きたまえ
バイト2
こんな結果、誰も納得しねえぞ!
usino
2019年のチャンピョンは伊藤なむあひの東京死体ランドだったね
あれもゾンビ物。
バイト5
去年の話だろ
今回は出てこねえぞ
usino
実は死体ランドもおりーりー鳥も三部作と銘打ってるんですね
直接の繋がりはないですけど
バイト4
それがどうしたんだよ
usino
どうしてゾンビ同士が共食いしないか考えたことあります?
バイト8
知ってるぜ。脚本の都合なんだ
usino
そういうメタ的な話じゃなくて
バイト6
腐った死体なんてゾンビもお断りだぜ
usino
私はゾンビ不可視説を提唱したい
バイト8
は?
usino
ゾンビはゾンビが見えない
だからゾンビを食べられない。
でも肉のにおいを追いかけることはできる。
だからゾンビ達はお互いのにおいを嗅ぎ合って群れを形成する。
どうです?
バイト7
でもよぉ
結局鳥とゾンビは関係ないぜ
usino
大有りなんですよ
おりーりー鳥は最後まで姿を見せない
メーテルリンクの青い鳥みたいに帰ったら、家の中で見つけたみたいな話じゃないんですよ
usino
でも鳴き声は聞こえる
声が聞こえるということは近くにいるということですよ
usino
で、前作の東京死体ランド のラストと考え合わせると・・・・
4-1
おりーりー鳥の登場人物はみんな死んでいるし、おりーりー鳥も死んでいるし、なんならみんなゾンビになっていて、すでに世界は滅亡している!
つまり、これは死者達の群像を描いていた小説だったんですよ!

バイト5
あっ、そ。
じゃあ3位いってみようか
usino
え~、もっと驚いてくれたっていいのに
バイト14
穴の多いレビューにいちいち付き合ってらんね~
usino
ちゃんと聞けば面白いのに
バイト1
みんなもう飽き飽きしてるよ
usino
じゃあやめる!
バイト14
だめ。
usino
そんな~
バイト14
はい、第三位

デン、デレレレレン
usino
やっぱりね。ボクは淡波先生の『イン・ザ・フォグ』は外せないと思うんですよ
バイト14
おい、またゾンビじゃねえぞ!
usino
ゾンビばっかりじゃ飽きると思って
usino
でもゾンビの定義ってなんですか?
バイト1
ごまかすんじゃねえ
内容紹介にはヴァンパイアキャットって書いてあるぞ
これはもうゾンビじゃなくてヴァンパイアだろう
バイト9
何がKDP三大ゾンビ小説だ。
本当にゾンビは最初のやつだけじゃねえか。
JAROに訴えるぞ
usino
何を言ってるんですか
USJのハロウィンパーティーといえばゾンビとヴァンパイア
これはもうゾンビ=ヴァンパイアといっても差し支えない状況でしょう
バイト4
ゾンビとヴァンパイアは別ゾーンだろ。
usino
いや、それがゾンビ=ヴァンパイアになるのだ。
代数学でその謎が解ける。

ハロウィン=ゾンビ     a
ハロウィン=ヴァンパイア      b

a,bの公式から

ゾンビ=ハロウィン=ヴァンパイア

ゾンビ=ヴァンパイア

と証明される。
バイト5
もうそれでいいよ
usino
3番目に紹介したこれが大本命ですよ。
だって、ゾンビを倒して物事が収まるんだから
一番エンタメしてる
バイト4
今まで言ったことを、まとめると
1Dead end in アライブ
2おりーりー鳥は実在します?
3イン・ザ・フォグ
の三冊が要チェックってことだな
usino
もう少し補足すると
Dead end in アライブ
おりーりー鳥は実在します? 
イン・ザ・フォグ: 〜永遠なる闘い
死んでたまるか

の5冊ですね。
今年はゾンビがランキングを制圧しますよ
バイト5
KDP三大ゾンビ小説とか言いながら、ゾンビはひとつだけどな
usino
下から順に読んでいくのがおススメですね
だいたい長い順に並んでいるから
usino
そう考えると一位を取るにはある程度の厚みが必要なのかもしれない
バイト6
じゃあ5番目の『斬』が一位を取ることはないってことか
usino
主催者発表によると10票以上取った作品はまだないそうだから
5位で10票以上の票を取ることはできるかもしれない。
すぐ読めちゃうし、投票もしやすい。
それはそれで快挙。記録より記憶ですよ。
バイト14
素直に『斬』に一票入れてくれって言えよ
usino
言ってたまるか!
バイト1
ランキング入りは夢のまた夢だな
usino
未来はまだ霧の中
バイト11
本当に可能性あります?
usino
明日の今頃にはもう10票入ってますよ
それどころか100票ぐらい入っているかも
『斬』はレジェンド枠間違いなしですね
バイト5
ありえね~
そもそもまだ投票も始まってね~

(dead end in おわり)

追記:2020年度版の投票は10月1日から。
↓過去のランキングはここから閲覧できます。


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪



このエントリーをはてなブックマークに追加

usino
どうも、牛野小雪です
バイト8
助手でバイトのニア·タスマだぜ
今回はこっちのブログでやるんだな
usino
いきなりなんですが、顔を変えようかと思っているんですよ
バイト14
は? 意味分かんねえこと言ってんじゃねえぞ
usino
なんていうか。読者を欺いているような気がして
バイト1
そんなの誰も気にしてねえよ
でも一応だけど、どんな顔にしようと思ってるんだ
01
こんな感じでどうでしょうか
バイト13
わ、悪くないんじゃね~の
でも、そっちの方が欺いている気がするぜ
01
素顔をさらけ出す気持ちで描いてみました
バイト4
だから、欺くんじゃね~って言ってんの
戻せよ、元の顔に
usino
ほい
バイト6
やれやれ、やっと戻ったか
気持ち悪いったらありゃしねえ
バイト6
ところで今月は何をしていたんだ。
usino
へ~イ、へ~イ、ヘイ、時には起こせよムーブメン!
バイト8
!!!?????????
usino
アマゾンプライムにWOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~があったから、毎日執筆前に聞いてます。
usino
全盛期の小室哲哉と全盛期のダウンタウンがコラボした奇跡の楽曲。
この曲が20年前という事実が恐ろしい。
バイト5
昔の話をすると鬼が笑うぜ
お前の本の話をしろ
usino
最近ガルシア・マルケスの百年の孤独 を読んでいるんですが凄くいいですね。
何度も戻りながら読んでいるんですけど、これ真似したくなる気持ちは分かるなぁ。
アウレリャノ、アルカディオ多すぎ問題があるけど。
usino
でも、ちょっと真似できないぐらい個性的で、小説なんて誰が書いても大体同じだろぐらいに思っている人は読んだ方がいい。
バイト5
(だから、お前の本の話をしろって)
usino
wikipediaによるとですね。
この小説を書こうとしたのが17歳の時で、発表されたのが39歳の時、20年ぐらいかけて書いているんですね。
usino
今私が構想を持っているJohn to the worldもですね。
そろそろ5年目に入ろうとしているわけで、一体いつできあがるんだろうか、本当に書く気があるんだろうかと思うこともしばしばなんですが、こういう話を聞くとまだ折り返し地点も過ぎていないじゃないかって勇気をもらえましたよ
usino
しかも書いた歳が今の私より上というのもいい
バイト5
せっかくだから100年かけて書いてみたらどうだ
ガルシア・マルケスが命乞いするほどの凄いのが出てくるかも
usino
100年先なんて骨も残らないから
バイト1
バッキャロー
小説家たるもの100年残る文章を追いかけないでどうする
usino
!!
usino
そうか。100年の孤独が20年なら、100年かければ1000年小説が書けるかもしれない。
バイト11
(なわけね~だろ)
usino
牛野小雪のページ作りました。
バイト13
いきなり話変わったな
usino
リンクはここ
牛野小雪のページ
バイト4
いくつブログ作ってるんだよ
usino
まさにそれが問題だから作ったわけですよ
牛野小雪の情報を得るならまずはここ、という場所を作っておいた方が良いと思いまして
バイト8
(あれ、これってAmazonの著者セントラルでいいんじゃねえか?)
usino
あのサイトを参考にしたというのは内緒。
たぶんセルフパブリッシング最速の速さ。
バイト12
なんの速さだよ、意味分かんね
バイト5
しっかし2018年はサボったな。
usino
こうしてみると年に原稿用紙1000枚ぐらい書いていると分かりますね
バイト7
2016年からサボりが目立つぞ
usino
2018年は全作改稿していたし、今年だって文章は書いてるもん
バイト8
アウトプットしろ。
ストックしているやつも吐き出せよ。
usino
小説を書くという意味では本当に遅くなりましたね。
5月から執筆を開始して、まだ小説は一文字も書いていないんだから。
バイト5
もう蟻野小雪に改名だな
usino
うわーん。
バイト5
いつまでもノートに下書きなんてしてんじゃねえ
同じ頃に出した人はもうそろそろ次の小説を出そうかって考えてるぞ
usino
時よ止まれ
お前は美しい
バイト14
俺はメフィスト・フェレスじゃない
仮にそうだとしてもその言葉で、お前は終わり
usino
ス、ストックがあるから・・・・・
バイト14
一個だけな。
むしろストックがあるから書くのが遅くなってるんじゃね~の?
usino
むしろ二つあった時の方が速かったから
バイト1
じゃあやっぱり100年かけて書くべきだな。
まずはストックを100個ぐらい書き溜めようぜ。
usino
それだけで死んじゃう
バイト12
最初からあきらめてどうする。
結局この世界はやるか、やらないかなんだよ
usino
やる!
バイト14
さすが!
usino
やっぱりむり!
01
やれやれ、困ったものですね。
どんな偉人達人も一時の努力で大きな功績を残したわけではありません。
千里の道も一歩から。今日一日をしっかり生きましょう。
その積み重ねが100年の大事業に繋がるのです。
バイト8usino
だれだ、おまえ~!
バイト5
お前だよ
usino
そうだった。

(おわり)

牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

『こころ』を読みながら色々と書いてみる

 

夏目先生の『こころ』をたびたび引用しながらブログを書くことにした。

集英社文庫版である。

 

上 先生と私

 

 

私はその人を常に先生と読んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。

 

『こころ』の主要人物には名前がない。『吾輩は猫である』の猫にも名前がない。名前を付けるのが恥ずかしいのかと思いきや『三四郎』という主人公の名前をパーンと前面に出しているのもある。変幻自在のようだ。『こころ』の中ではもう一人、Kという名前の知れぬ人物がいる。夏目先生の本名は金之助だし、お墓はどちらも雑司が谷にある。(ちなみに『坊ちゃん』の清の墓は小日向の養源寺にある)。Kを中心にして読んでみると面白いかもしれない。

 

私が鎌倉について三日と立たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。

 

のちに主人公の私も父親が病気になって国元に帰ることになる。これが一個のテーマかもしれない。

 

友達はかねてから国許にいる親たちに勧まない結婚を強いられていた。

 

昔の小説を読んでいるとよく出てくる話。若いうちから結婚しなければならないというのも嫌だなと思う。でも親からの援助で好き勝手できるというのはいいよなとも思う。昔は親の強制で生き方を選べなかったところはあっただろうが、別のところでは子どもに金を与えて好き勝手にさせてやるというところもあって、昔は自由がなかったとは一概には言えない。あるところではガチガチに固めていたが、それ以外のところは大らかだったというところもあるのではないか。でも嫌なものは嫌らしい。しかし自由に振舞えば『それから』の代助みたいに親からの援助を打ち切られてしまう。庇護と強制がセットであるように、自由と追放もセットなのである。庇護されながら自由というのは、どこの世界にもないだろう。現代は自由を素晴らしいことのように言うが、自由だってしんどいのである。

 

玉突きだのアイスクリームだのというハイカラなものには長い畷を一つ越さなければ手が届かなかった。

 

玉突きはビリヤードのこと。この時代にビリヤードとかアイスクリームがあるんだと、ちょっと驚くけれど『こころ』が書かれたのは大正時代で、大正時代には第一次世界大戦があったのだと聞くと、それぐらいのものはあって当然という気になる。この時代にはすでに飛行機だって飛んでいた。電話もあった。令和から数えると元号が二つも前の時代だが現代との繋がりは深い。

 


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

J・Kを雇う

バイト11
おい、牛野。最近ブログの更新をサボってないか?
usino
ツイッターもブログの一種らしいですよ
バイト14
それすらも週1じゃねえか。
usino
うっ、わりと更新してる方だもん。
それにブログ記事はツイッターと違って検索流入が・・・・
バイト12
特化ブログでもないのに検索流入あるわけないだろ。
一週間のPVが三桁もないのによくそんなことが言えるな
usino
そんなこと言ってるとリストラしちゃうぞ
バイト9
おう、やってみろ
usino
人材派遣会社からいくらでも人は雇えるんだぞ
バイト5
どうせろくな奴こね~よ
usino
もしもし人材派遣屋さんですか?
ノルウェイの人
印象的な美人で明るい子がいますよ
usino
まだ何も言ってないですよ
ノルウェイの人
情報収集も仕事のうちですから
usino
(すごいなぁ。きっとここならスーパー人材を提供してくれるに違いない。これでアルファブログ間違いなし)
usino
じゃあその人を派遣してください
バイト8
ば~か


80-50 2
おはようございます。
こちらは牛野さんのブログですか?
J・K・マックフィールドです。
よろしくお願いします。
バイト3
(こ、これは・・・・好みの分かれる顔だな・・・・)
usino
う、美しい・・・・
バイト14
(マジか。眼球歪んでるんじゃないか)
usino
タスマくん。私には分かる。
J・Kちゃんは天下を取れる逸材だ。
バイト4
お前がいいんなら俺は別に良いんだよ
usino
J・kちゃん、これからよろしく
バイト14
俺はバイトで助手のニア・タスマだぜ
80-50 2
はい、色々とお世話になります。先輩。
バイト11
(いい子じゃねえか。しかも先輩・・・・いい響きだぜ)
バイト1
分かんないことがあれば何でも俺に訊きなよ
80-50 2
はい、さっそくですが、ここはどういうブログなんですか?
usino
・・・・・・・・・・・・・・・・
バイト14
・・・・・・・・・・・・・・・
80-50 2
・・・・・・・・・・・・・・・
usino
分かんない・・・・・・
バイト8
目的なんてないんだよ。こいつと一緒で中身が空っぽなんだ
usino
そんなことないと思うけどなぁ
バイト5
空白期間が全てを物語ってるよ
80-50 2
そんなことないでしょう。みんなで何かネタを探しましょう
usino
(やっぱりいい子だ)
バイト8
かわいいやつ

道化を取り入れようとする

80-50 2
牛野さん、この一ヶ月何をされていたんですか?
usino
え~と、これといって何かしたような記憶はないなぁ
80-50 2
そんなことないでしょう。眠って過ごしたわけなじゃいんだから。
何か書いたとか、読んだとかあるんじゃないですか?
usino
あ、そうだ。シェイクスピアを何冊か集中的に読んだ
80-50 2
シェイクスピア。素晴らしいですね。
でもどうして集中的に?
usino
道化がどんなことをしているか調べたくて
バイト8
お前の存在自体が道化だよ
80-50 2
なぜ道化なんですか?
usino
小説をかき回すような存在が欲しくて、ふとシェイクスピアに出てくる道化みたいなものをパク取り入れられないかと読んでみた。
バイト14
オリジナリティがないやつだぜ
80-50 2
技術を盗むのは当たり前じゃないですか。
そうやって積み重ねていくんです
usino
いやいや、とても盗めるようなものじゃなかったよ。
シェイクスピアの道化はシェイクスピアにしか書けない。
彼に影響を受けたゲーテだって、ああいうトリックスターは書けなかった。
バイト14
要はパクれなかったってことだろ
ゲーテを引き合いに出してんじゃね~よ
80-50 2
ゲーテが無理なら牛野さんも無理ですよ
usino
さらっとひどいこと言ってない?
80-50 2
パクれなくても牛野さんなら面白いものを書けます
usino
違うんだよ。
欲しいのは笑いじゃなくてトリックスターなんだよ。世界をかき混ぜるような
バイト4
あんまり高望みしてると、ひっくり返って地面に頭打つぞ
80-50 2
あっ、それ面白いですね。ちょっといいかも
usino
(あれっ、やっぱりひどくない?)

狼の群れが獲物を得られずに立ち去る

80-50 2
牛野さん、他にも本を読んでいるんじゃないんですか?
何かを得ようと集中的に。
usino
そういえば狼の本を読み漁ったっけ。どれも白水社という出版社から出ていて探すのが簡単だった。
80-50 2
どうして狼の本を?
usino
今度書こうと思っていたのは主人公の私がいて、チームのリーダーがいて、年上、年下がいて、そんなチームが一個の物語を進んでいくというプロットで、狼の群れから学んだことを人間の群れ、つまり人間関係に活かそうとしていたんだけど・・・・
バイト9
狼と人間は違うだろうよ
usino
いやいや、なかなか狼にも情があるものですよ。言葉じゃなくて噛み付いたりしますけど
80-50 2
狼ってかっこいいですよね
usino
それを小説に活かそうとしたんですけどね。
usino
プロットを書いているうちに登場人物画がみんないなくなったから狼の群れのことも関係なくなったわけで、二週間ぐらい棒に振っちゃったわけです。
バイト8
時間の食いすぎだよな
usino
そのくせなかなか太ってくれない。ダイエットが好きみたいで
80-50 2
食べてないのに体重が増える時ってありますよね
usino

バイト8
どっさり出しても減らないのは不思議だよな
80-50 2
たしかに!
usino
みんな・・・・いったい何の話をしているんだ・・・・・?

環境破壊

80-50 2
結局牛野さんは小説を書こうとしているんですよね。
今月は何字くらい書けたんですか?
usino
ひ・・・・一文字も書いていない・・・・・
バイト6
小説は地面から勝手に生えてくるもんじゃねえぞ
usino
小説以外は書いたんですよ。
プロットライン引いたり、ノートに仮書きしたり、雑感帳つけたり
バイト1
そんなことするより、小説書いちまった方が良くねえか
usino
ビーバーより臆病だから、確実に書ける準備が整うまでノートを書き続ける。
80-50 2
その小説以外はどれくらい書かれたんですか?
usino
う~ん、紙に書いているから正確な字数は分からないけど
バイト4
環境破壊だな
usino
1ページ1000字とするなら、もう6万字は書いてることになる。
80-50 2
え~、中編ならもう書き終わってる感じじゃないですか
usino
まったくそうなんだよ。
数えてみてから自分でもびっくりしたよ。
毎日書けない書けないと思っていたけど、ちりも積もれば山となるで、いつの間にかこんなにも書いてしまった。
バイト1
ビーバーより環境破壊してるぜ
80-50 2
それって誤解みたいですよ。むしろ川辺を豊かにしているんだとか
usino
書けば書くほど臆病になっていくみたいで、書く前に書くことが年々多くなっていく。
去年から書いていた山桜なんかは書き捨てた方が多いぐらい。
今回もたぶんそうなりそう。
バイト5
この調子だと一冊書くのに一年かかりそうだな
usino
むしろそれぐらいの覚悟を持って書き始めたから、まだ2ヶ月という考え方もある。
今回も1日2000字くらいのペースで書けるなら、書き始めるのにはまだ早い。
バイト4
そんなに書いているんなら、大作になりそうだな
usino
いや~、それが上の狼の話みたいに書き捨てているものが多すぎるから、実際書くときに役に立つのは2000字くらいかもしれない
バイト8
やっぱり環境破壊だよ
80-50 2
空白が残ったノートってたくさん溜まりますよね
usino
再利用しなきゃね。
で、高校の頃のノートが出てきて、先生の赤ペンのコメントを見て、じ~んと来ちゃったり
バイト5
本当に書いてんのかよ。一年なんてあっという間だぞ。
80-50 2
光陰矢の如し
usino
春眠暁をおぼえず
バイト8
惰眠をむさぼるもの久しからずだぞ。
それに春は終わった。
書けよ。ただでさえ、お前は遅いんだから。
ブログでちゅんちゅん啼いてる暇はねえんだよ
usino
ひどい
80-50 2
こわい
80-50 2
牛野さん、自分のペースでがんばってください。
焦ってもいいことなんてありませんよ。
usino
うん、一歩一歩焦らず急がずがんばってみるよ
バイト4
おいおい、寝かせたままだと眠ったままだぞ、こいつは。
尻を叩いてやらなきゃ何もやりやしねえ
80-50 2
(これだけ媚を売っておけば契約も更新されるはず)
usino
(ああ、なんていい子なんだろう)
バイト5
(ば~か)

(おわり)

抽象あゆみ4


牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪
このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月に『生存回路』という題名の小説をリリースしたが、しばらくブログもツイッターも更新しなかったので「生きていますか」というタイトルのメールをもらった。4年ぐらい前にも同じようなメールをもらった。そういえばあの頃からブログを書くようになったのだと思い出した。生存報告をするために今日はちょっと書いてみることにした。

 来年の4月1日に『山桜』という小説を出すつもりで、それまでは『難聴製造機』という短編を出すぐらいで、小説のリリースは無しにする予定だ。かなり時間のマージンを取ったので、手広くやろうと
5月は色んな本を読んだが、本当に手広すぎて何にも物にならなかったという事態が発生した。何らかの方向性がないとダメだと、一つ決め打ちをしたら予想外の方向に伸びて、もしかしたら長編になるかもしれないと注力することにした。輪郭はもう捉えている。仮題は『流星を打ち砕け』だ。『世界が終わる日~人生最悪の48日間~』というアイデアもあったが、世界が終わらないのでボツになった。

 オペラント条件付けという心理学の手法がある。俗にいう飴と鞭だ。小説が4000字以上書けたり、ノートかプロットを4ページ以上書けた日は近くにある自動販売機でジュースを買うことにしている。正の条件付けだ。しかし、目標の分だけ書ける日は少ないので、この行動は強化されていない。

 そろそろプロットラインを書く頃だという予感はあるけれど、書き出せない。たぶん失敗することを恐れているのだ。そしてそれはたぶん正しい。私はプロットラインを書き切れない。こういうのは何回も引き直しながら完成させる物で、書ききれなかったところから、また新しい切り口を発見しながら書いていくものだ。最初の一回でプロットを引けたことなんて今まで一度も無い。しかし、それは理屈で、感情では失敗することが分かっているから一歩踏み出せずにいる。

 というのを雑感帳を書いていて気付いた。それならルールを変えればいい。プロットの完成を目的にするのではなく、失敗することをゴールにする。それでチャレンジを恐れないようになる。何度でもトライできるようになる。

 という自己啓発書みたいなアプローチも失敗する。

 結局はいつものように失敗を受け止められるようになるまで、心の余裕ができるのを待つしかないのかとも考えたが、そこでふと上のオペラント条件付けを使えないかと思い、全然書けなかった日に自動販売機でジュースを買って飲んだ。いやいや、失敗に報酬を与えるとダメなるのではないかと思われるだろう。もちろんダメだった。次の日もプロットラインを引けなかった。

 書けない原因は失敗するからではなく、失敗を予想するところにあると私は考えた。失敗→ジュースではダメで、失敗=ジュースでなければならない。パブロフの犬だってベルでよだれを垂らす。というわけで私はプロットを書く前に、今日はプロットラインを引き切れなくてジュースを飲むという想像をした。冷たく甘い感覚が口の中を通っていくイメージをする。すると、その日はプロットラインを引けた。次の日は、もっとうまく引けた。こうして先週は全体のプロットラインを4回も引けた。未だにプロットは書き切れていないが、書き始める前のプロットラインとしては今までで一番引き直した数が多い。しかも1週間で4回も引いたのは初めて。前代未聞の大快挙からして、たぶんこのアプローチは間違っていない。

 失敗予期にジュースを飲むところをイメージすれば、ジュースは飲まなくてもいいのではないかと予想したが、一度だけで効果がなくなった。あるいはたまたまその日が書けない日だったのかもしれないが、たぶん学習したのだろう。『妄想に騙されるな』と。やっぱり失敗にはジュースが必要だ。自分に嘘をつけるのは一度だけ。
名称未設定 1

(おわり)

追記:プロットの穴を突きつけられると、やっぱりまだ足りないところがあるのだと分かる。今週はその穴を埋めるために狼の群れの本を読み狂いしよう(よみぐるい しよう)。

追記:なぜ報酬がジュースなのか。甘さは確実に効果があるから。現代人に肥満の悩みが尽きないのが、その証拠だ。最初はチュッパチャップスだったが、よだれでべろべろになった棒がゴミ箱にたまるのが嫌だからジュースにした。でもチュッパチャップスでも大丈夫だろう。

追記:たぶん書けたことに報酬を与えても正のフィードバックはない。夏目先生も毎月たくさん給金を貰っても書けないものが書けるようにはならないと言ってたし、私もそう思う。2兆円くれても、いま胸の中にあるものを書けるとは思えない。お金に目がくらんで「これが正真正銘偽りのない私の小説でございます」とごまかすかもしれないけど。
 一度だけなら許される?

牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪


このエントリーをはてなブックマークに追加

 まだ決まっていないけど、なんとなく次に書く小説は決定論的なことを書くような気がしていて、私こと牛野小雪が小説の中の運命を書いていて、それを小説の中の人物がどうこうするというイメージが頭の中にある。作中の人物も小説のプロットを知っているという感じだ。

 よくある話なら登場人物がプロットに抗うんだろうな、とは思うのだけれど、それじゃあ当たり前すぎて面白くないので、逆にプロット通りに生きてみるのはどうかと考えていたら、そもそも世界で一番印刷されていて、最近は人気が落ちてきたとはいえ未だに根強いファンがいる物語では、大工の息子が予言通りに民衆によって処刑されるという筋書きだと気付いた。否定の否定で過去に逆戻りだ。このプロットは飽きられ始めている。とはいえ抗うのもダサい感じがする。自分の運命を自分の意志で選べるというプロットは、現代ではかなり仕掛けがないと受け入れられない気がするし、私だって信じられない。とはいえ運命に流されるだけというのも違う気がする。ああ、八方ふさがりだ。

 決定論について調べていると、やっぱり色んな人が考えているんだなと知れて面白い。肯定派も否定派ももっともなことを言っているし、穴もある。つまり決定論に決定的なものはないってこと。もう肯定も否定も面倒くさいので両立派というのが最近台頭しているそうだ。とはいえ、それも決定的ではない。最終的には決定された運命というのを知れなくては答えは出ないし、知れたら否定できるような気もするけど、あらゆる可能性の最終解が運命として存在しているのかもしれない。

 自分に意志があることは自明だが、自由かどうかはあやしいものだ。納豆なんてどうやっても好きになれないが、私の親は毎日狂ったように食べていて、冷蔵庫の棚の一つは納豆で埋まっているほどだ。自由意志があるなら私が納豆を好きになれても良いはずだが私の体が断固拒否するし、なんなら私も拒否している。でも元々拒否しているのは私の意志ではない。納豆と私の体が織り成す科学的反応によって、こいつはダメだという意志が発生しているわけで、私がおぎゃあと生まれた時に、よ~し、私は納豆を否定して生きてやるぞ、と決めたからではない。そういうことは自分が預かり知らぬところで決まっていて全然自由ではない。昔はしいたけが食べられなかったが、今は食べられるようになったのも、そろそろ小6だししいたけぐらい食べられなきゃダメだろうと思い詰めたからではなく、何故か突然食べられるようになったから食べているだけだ。自由意志は関係ない。

 決定論の証拠としてリベットの実験が挙げられる。意志より先に脳が行動を決定しているという話だ。でもこれは話を面白くするために後半が端折られていて、意志の発生は自動的でも行動を拒否することは可能という実験結果がある。リベット自身は自由意志の存在証明と捉えたようだ。いや待てよ、意志の発生は自由じゃないのかという気もしたが、少なくとも否定だけは自由らしい。そういえば知的な人のイメージって何かを否定している感じがするよなぁ。否定が自由意志なのかもしれない。

 決定論の否定がよくある話なら、否定の否定は大昔の名作、それなら私は否定の否定の否定ぐらいは最低書かなきゃいけないよなぁと勝手に思っている。でもこれは自由意志なのだろうか。

(おわり)

追記:知的な人が否定的ということに否定的なのは最新の自己啓発書。否定の否定だ。自己啓発書は知的前衛フィールドでプレイしている。





ばなな

牛野小雪の小説はこちらから→Kindleストア:牛野小雪
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニックとビルのやりとりがいい。というかそれだけの短編。失恋の暗さをどうでもいいようなことを話しながら過ごして、三日吹く風がみんな吹き飛ばしてしまったみたいに、ニックは元気を取り戻す。そういうところがいいんだろう。と思ったけど、読み直してみるとビルがマージョリーの話を持ち出してニックは暗くなり、ビルが復縁の可能性があることを示唆してニックは元気になる。まぁやっぱりビルとのやりとりが肝の短編であることは間違いない。

 
以下調べた単語。

ワグナーリンゴ-英語でwagener。日本では馴染みがないが、そういう品種があるらしい。

大きな実がなる丈夫な品種で、1791年にジョナサンという品種と共に栽培された。

ジョナサンとワグナーがかけ合わされたのがアイダレッドという品種。こちらもあまり馴染みがないがジョナゴールドに似ている味らしい。ジョナゴールドはスーパーで売っているので、ぜひ参考に。

 

コテッジ-家具やベッド、トイレがある山小屋みたいな物。壁と床だけの物はバンガローというらしい。家とどう違うのかは不明。『三日吹く風』では夏に使用する田舎の小さな別荘(あるいは拠点)みたいな意味だと思う。

 

テン・マイル岬-tenmile creekという小川はミシガンに限らずアメリカ中どこにでもあるっぽい。それでシャールボイというのを調べてみると、東部ミシガン州にある。それで一つ前の『ある訣別』に遡ると、ニックとマージョリーが虹鱒を釣りに行ったのがホートンズ・ベイ(horton bay)で、これもやはりミシガン州にある。五大湖のところ。それでgoogle map horton bayのあたりを調べていると、北の方にニック・アダムズ自然保護区という場所があった。ヘミングウェイ・ドライブという道路もある。たぶんこの辺が物語の舞台なのだろう。テンマイル岬の具体的な場所は分からなかった。

 

アイリッシュウィスキー-アイルランドで作られたウィスキーのこと。スコットランドならスコッチ。

 

泥炭-でいたんと読む。文字通り泥の炭。石炭の一種。スコッチウィスキーを作る際、発芽させた大麦を乾燥させる時に泥炭(ピート)が使われて、それが独特の風味になる。

 

ヤマシギ-クチバシが長いハトみたいな鳥。毛は茶色っぽくて地味な色をしている。フランスでは禁猟になるほどだから、たぶん美味しい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ